わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

パッキャオに勝って、一躍有名人になったジェフ・ホーンだけど、やっぱりつまらんボクサーだった Vゲイリー・コーコラン

▼最新記事

ジェブ・ホーン(オーストラリア)VSゲイリー・コーコラン(イギリス)

 

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年12月13日)

f:id:stonemeintothegroove:20180213203836j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180213203847j:plain

(出典:WOWOW)

ジェフ・ホーンは、落ち目のマニー・パッキャオに勝って、一躍有名人になったボクサーだけど、私にはたまたまロートルのパッキャオとの対戦という、ラッキーチャンスに恵まれただけだと思っています。

こいつは、全くボクサーとしては魅力がないと、断言できます。

18戦17勝11KO1分け、29歳。ダメ押しで、テクニックもパンチ力もないつまらんボクサーと紹介しておきましよう。

コーコランは18戦17勝7KO1敗、27歳。戦績から察するに、たぶん典型的なつまらんイギリス人ボクサーでしょう。

 

4敗戦ボーイ並みのラフファイト

ホーンはガードを低くして左ジャブを突きます。コーコランはガードを堅めて、前進し、当たりもしないパンチをやみくもに打ってきます。

序盤はホーンが左ジャブとフットワークでコーコランを捌いていましたが、回を追うごとにコーコランのしつこい乱打戦に巻き込まれ、完全に自分のペースを見失います。

コーコランもパンチの精度が悪く、とにかくやみくもにパンチを放っているだけで、その勢いにホーンが押されて、ガードの甘さを露呈しただけ。

前半はもみ合いの多い乱打戦に終始し、ホーンは左ジャブが減って、手数も少なく、とにかくやみくもにパンチを放つコーコランがペースを握ります。

コーコランはテクニックもパンチ力もありませんが、「ガッツ」はありますね。

 

コーコランは徐々に失速

さすがにオーバーペースのコーコランは、後半になって少しずつ手数が減り、動きが悪くなります。

逆にホーンはようやく左ジャブが増えてきて、クリーンヒットも増えてきます。

8ラウンドにホーンの左ボディが決まり、流れが完全にホーンに傾きます。

f:id:stonemeintothegroove:20180213212220j:plain

(このボディブローで完全にコーコランの動きが鈍ります。この日のベストヒットです)

完全にペースを取り戻したホーンは、俄然動きも良くなり、手数も増えてきます。

コーコランは、ボディブローが効いたのか、完全に失速気味。

10ラウンドはホーンが一気に攻勢をかけ、コーコランは防戦一方、かなり苦しい展開となります。

そして、11ラウンド。コーコランはラウンド開始直後、左目の腫れをドクターチャック。

当然のごとくホーンが、倒しに行きます。

そして、ラウンド途中で、コーコランのコーナーから棄権の意思表示があり、レフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180213213154j:plain

(もはやこれまで。セコンドが試合の中止を要請)

全般的にもみ合いの多いラフファイトで、バッティングも多く、両者ともに目をカットする流血戦で、スリリングな交錯も、見るべき技術戦のない、最低の試合でした。

体力とパワーが決め手の、私が一番嫌いな試合だったと言えます。

KOでなくても、せめて華麗なテクニックが見れれば勝ちがありますが、この試合はどちらもなく、ホント、がっかりの試合でした。

ホーンはさっさと、テレンス・クロフォードに倒されてWOWOWの画面から消えてほしいボクサーですね。