わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

世界は広いですね。こんな恐いボクサーがまだWBC世界S・ライト級28位 マルセリーノ・ロペスVSブレイディス・ブレスコット

▼最新記事

マルセリーノ・ロペス(アルゼンチン)VSブレイディス・ブレスコット(コロンビア)

S・ライト級8回戦(2018年1月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20180207115713j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180207115740j:plain

(出典:WOWOW)

ホルヘ・リナレスの防衛戦のアンダーカードに、すごい選手が登場しました。

 

ロペスは、36戦33勝18KO2敗1分け、31歳。WBC28位。

31歳でこの戦績で、まだWBC28位なんですね。このクラスはホントに選手層が厚い。

ブレスコットは、41戦30勝22KO11敗、33歳。

ブレスコットは、アミール・カーンをKOしたことで有名ですが、11敗の中にはかなり強豪との対戦があります。

 

 

対照的な体型

 ロペスはいかにもアルゼンチンのボクサーらいし、がっちりした体型をしています。

一方のブレスコットはすらっとした長身選手です。

試合は予想通り、ロペスが前に出てプレッシャーをかけます。ブレスコットは長い左ジャブで距離を取ります。

ロペスのプレッシャーは回を追うごとに強くなってきます。

2ラウンドには早くもブレスコットはかなり押され気味で、ロープに詰まるシーンが増えてきます。

 

ロペスは左右フックを思い切り振ってきます。そしてキレもあります。

左ジャブもなかなか鋭く、しかもガードが堅いので、ブレスコットの下がりながらのパンチがほとんどクリーンヒットしません。

 

苦し紛れにスイッチするが

5ラウンド、解説のジョー小泉さんが「このラウンドはゴーサインです」と言った通りロペスのプレッシャーがさらに強くなってきました。

苦し紛れにブレスコットがサウスポーにスイッチしますが、ロペスはお構いなく連打を浴びせます。

そして、ロペスの右フックがカウンターでブレスコットの顎をとらえると、腰砕けのようにダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180207122002j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180207122009j:plain

(ロペスの右フックがアウンターでヒット)

何とか立ってきたブレスコットですが、再びロペスの連打にさらされ、とどめのパンチも右フックカウンターでした。

f:id:stonemeintothegroove:20180207122206j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180207122214j:plain

(ブレスコットの右に合わせてロペスの右カウンターがヒット)

これはもう立てないでしょう。

f:id:stonemeintothegroove:20180207122346j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180207122351j:plain

レフリーがカウント10まで数え、ロペスのKO勝ちです。

 

それにしても、こんなパワフルでしかもパンチんキレのあるすごいボクサーが、世界28位とは、S・ライト級の世界は広いですね。

同じクラスの世界ランカー、岡田博喜もこの相手はかなり危険ですよ。

このクラスで世界を狙うのは、容易ではありませんね。

ロペスは、今日のパフォーマンスでマッチメイクに恵まれれば、今年中に世界を狙えるだけの実力が十分あります。