わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

アンヘル・アコスタが、田中恒成が返上したWBOライトフライ級タイトルを獲得 VSフアン・アレホ

▼最新記事

アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)VSフアン・アレホ(メキシコ)

 WBO世界ライトフライ級王座決定戦(2017年12月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20180123144618j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180123144627j:plain

(出典:WOWOW)

アコスタは17戦16勝16KO1敗、27歳。WBO6位。

アレホは30戦25勝15KO4敗1分け、33歳。WBO4位。

田中恒成がタイトルを返上したため、王座決定戦が行われました。

アコスタの1敗は、田中に挑戦し判定負けでタイトル獲得に失敗した時のものです。

 

www.boxing-blog.com

 

 

積極的に前に出るアコスタ

プレッシャーをかけながら前に出るアコスタ。アレホも下がりながら左フックのカウンターをヒットさせます。

手数はアコスタが上ですが、ガードがやや甘く、アレホの左フックが結構ヒットします。

しかし、ロープに詰めて連打を見せるなど、ペースを握っているのはアコスタです。

アコスタの左アッパーは効果的ですね。

序盤からアコスタは思い切りパンチを振ってきます。前半は倒す気満々でした。

アレホもアコスタの打ち終わりを狙い、左フックをヒットさせます。ボディブローもうまいですね。

 

押され気味のアレホは左にスイッチする

アコスタは時折ガードの甘さを突かれ、フック系のパンチを被弾しますが、手数で圧倒し、再三アレホをロープに詰めて連打します。

5回からアレホは左にスイッチして、なんとか局面を打開しようとしますが、アコスタの多彩なパンチに押され気味。かなり苦しい展開になってきました。

アレホは9ラウンドに勝負に出ます。

前に出て強引にパンチを放ちます。

アコスタはあえて打ち合いを避け、下がりながら右アッパーのカウンターを狙います。

 

逃切りを図るアコスタ

アレホが前に出てきたので、アコスタはアウトボクシングでうまくアレホの攻撃を捌き、逃切り態勢に入った感じがします。

10ラウンドもアレホが積極的に前に出ますが、前の回でスタミナを消耗したのか、やや集中力を欠いた雑なフックを放ったところへ、アコスタの左フックがカウンターでヒットし、ワンテンポ遅れてアレホがしゃがみ込むようにダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180123152101j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180123152042j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20180123152151j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180123152233j:plain

(アレホの左フックに合わせてアコスタが左フックをヒット)

何とか立ち上がったアレホですが、レフリーはテンカウントまで数え、試合をストップしました。

 f:id:stonemeintothegroove:20180123152437j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180123152445j:plain

(立ち上がる時に少しよろけ、ダメージはかなり深刻)

 倒しに行ったというよりも、タイミングよく左フックが決まったという感じです。

f:id:stonemeintothegroove:20180123153827j:plain

(抜群のタイミングで顎をとらえています)

アコスタはやはりパンチがありますね。

そのアコスタに、ダウンを奪って判定で快勝した田中恒成の実力は相当なものです。