わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ロマチェンコVSリゴンドーのアンダーカードで期待のオリンピアン2人が登場 ジャークール・スティーブンソン&マイケル・コンラン

▼最新記事

ジャクール・スティーブンソン(アメリカ)VSオスカー・メンドーザ(アメリカ)

フェザー級6回戦(2017年12月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20171219122627j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171219122638j:plain

(出典:WOWOW)

スティーブンソンは3戦全勝1KO、20歳。

リオ五輪のバンタム級で銀メダルを獲得しています。

4か月前の試合では、ちょっと物足らないスティーブンソンでしたが、さて今回は世界中が注目するロマチェンコVSリゴンドーのアンダーカードですから、いいところを見せたいでしょうね。

 

メンドーザは6戦4勝2KO2敗、26歳。

 

力の差がありすぎた

この日のスティーブンソンは倒す気満々です。

サウスポースタイルから放つ左ストレートの射程距離をアジャストすると、ラウンド後半はかなり強いパンチで、連打を浴びせ、早くもメンドーザは防戦一方に追い込まれます。

2ラウンドにワンツーを連打し、ボディブローでメンドーザがたじろぐと、一気にパンチをまとめ、一方的になったところで、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171219122849j:plain

(一方的な展開にレフリーがストップ)

これだけ力の差があったら、スカッと倒してほしかったと思います。前回の試合でも感じましたが、もう少しパンチ力がほしいですね。

 

マイケル・コンラン(アイルランド)VSルイス・フェルナンド・モリナ(アルゼンチン)

フェザー級6回戦(2017年12月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20171219123434j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171219123445j:plain

(出典:WOWOW)

コンランは4戦全勝4KO、25歳。

ロンドンオリンピックでは、フライ級で銅メダルを獲得しています。

残念ながらリオではベスト8で敗退しています。

モリナは11戦7勝2KO3敗1分け、29歳。

 

守りの堅いモリナに手を焼く

5連続KOを期待されたコンランですが、ガードの堅いモリナになかなかチャンスを作れません。

2ラウンドからサウスポーにスイッチして、打開を図りますが、さすがに左のストレートはかなりぎこちない打ち方です。

ポイントはコンランが着実に奪っていますが、モリナはなかなか連打を許してくれません。

モリナもコンランのサウスポースタイルにがやりにくそうで、攻め手がありません。

5ラウンドにコーナーからゴーサインが出たようですが、モリナのガードの堅さに、連打が続きません。

しかし、コンランは器用ですね。回を追うごとにサウスポーが様になってきました。

でも私は、右構えで勝負してほしかったと思います。

コンランは、上手さを存分に見せ、無難に判定で勝利をものにしました。

 

セミファイナルで、あまり目立ってはいけないとでも「忖度」したのでしょうか。