わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ラスベガスで世界王座獲得! 尾川堅一VSテビン・ファーマー IBF世界S・フェザー級タイトルマッチ

▼最新記事

尾川堅一(帝拳)VSテビン・ファーマー(アメリカ)

IBF世界S・フェザー級王座決定戦(2017年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20171212111752j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171212111812j:plain

(出典:WOWOW)

4位の尾川は23戦22勝17KO1敗、29歳。

5位にファーマーは30戦25勝5KO4敗1分け、27歳。サウスポーです。

 

私の予想は、尾川が速いファーマーを捕まえきれずに判定負け、というものでしたが、見事に外れました。

試合経過)

立ち上がりの尾川は動きも良く、プレッシャーをかけて前に出ます。

もっと小さいと思っていたファーマーですは、ほぼ尾川と体格は同じですね。むしろ上半身はファーマーの方が、がっしりしています。

小さい的を追いかける尾川というイメージでしたが、序盤は、結構尾川のパンチがヒットします。決してスピードでも負けていません。

4ラウンドまでペースを握っていたように思います。

 

5ラウンドあたりからファーマーの手数が増え、尾川の手数が少しずつ減ってきます。

尾川の発汗が多いのが気になります。

 

しかし、7ラウンドに尾川の右ストレートがヒットし、ファーマーにダメージを与えるシーンがあったのですが、尾川の悪い癖で、大きな右を狙いすぎ、ファーマーをしとめることが出来ません。

 f:id:stonemeintothegroove:20171212112237j:plain

(この右ストレートはこの日のベストショットでした)

後半は少し尾川のスタミナが切れてきた感じで、動きも悪く、何より手数が減ってきます。ファーマーも口が開いて、表情はかなり疲れている感じですが、手数は減りません。

そして、何より、前半ほとんどもらわなかったファーマーのオーバーハンドレフトをまともにもらうシーンが多くなったことです。

f:id:stonemeintothegroove:20171212112955j:plain

(前半はほとんどもらうことのなかったファーマーの左オーバーハンド)

10ラウンドにまたもや尾川のチャンスが巡ってきます。

右ストレートが2発ヒットし、明らかにファーマーの動きが悪くなります。しかし、ここもファーマーの巧みなクリンチワークにかわされ、逃げ切られます。

 

その後、一進一退の攻防が続きましたが、ダメージブローは尾川、手数はファーマーという感じで、判定はかなり微妙です。

 

私は、敵地で、手数の少ない尾川に、勝ちはないだろうと思いましたが、

なんと尾川がスプリッデシジョンで、王座を獲得しました。

2-1(116-112,115-113,112-116)。

尾川が敵地ラスベガスでIBF世界S・フェザー級タイトルを獲得しました。

f:id:stonemeintothegroove:20171212113111j:plain

少し気が早いですが、初防衛戦の相手は、体重超過でタイトルを剥奪されたジャーボンティ・デービスです。こいつは強いよ。