わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)究極のテクニック合戦 ワシル・ロマチェンコVSギジェルモ・リゴンドー WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年12月10日)

▼最新記事

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSギジェルモ・リゴンドー(キューバ)

WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年12月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20171221101026j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171221101037j:plain

(出典:WOWOW)

注目のテクニック合戦は、私の予想通りになりました。

 

www.boxing-blog.com

 ロマチェンコは10戦9勝7KO1敗、29歳。現在、3連続「ロマチェンコ」を継続中です。

リゴンドーは、18戦17勝11KO1無効試合、37歳。

 

慎重な立ち上がりのロマチェンコでしたが

 

リング上に対峙する二人に、それほど体格差は感じませんね。

f:id:stonemeintothegroove:20171221101109j:plain

(でも、よく見ると上半身の体格はかなり差があるようです)

さすが、究極のテクニック対決です。ロマチェンコがいつになく慎重なスタート切りました。

どっしり構えて右ジャブを放つリゴンドーの周りをゆっくりサークリングして、様子を見ています。

こんな慎重なロマチェンコは久しぶりに見ますね。

 

2ラウンドに入ると、ロマチェンコの動きが少しずつ速くなり、エンジンがかかってきます。

3ラウンドあたりから、ロマチェンコの手数が増え、リゴンドーはホールドが多くなります。

f:id:stonemeintothegroove:20171221101342j:plain

(リゴンドーはこのホールドで手を痛めたのかな?)

4ラウンドはもう完全にいつものロマチェンコの動きで、リゴンドーはこの動きについていけません。

5ラウンドはロマチェンコがプレッシャーをかけ、完全にペースを握ります。

6ラウンドにはもうロマチェンコはリゴンドーの動きを完全に見切り、かなり強めにパンチを打つようになります。なすすべのないリゴンドーは、ホールドを繰り返し、減点を取られます。

f:id:stonemeintothegroove:20171221101545j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171221101552j:plain

(この減点で完全に心が折れたかもしれません)

 

そして、コーナーに帰ると、リゴンドーがギブアップしました。

左手を痛めたと言っていますが、ほとんどパンチを打っていないのに、どうして痛めたのでしょうね。(本人は2ラウンドに痛めたとか言っています。)

 f:id:stonemeintothegroove:20171221101727j:plain

6R終了、ロマチェンコのTKO勝ちです。

 

これでなんと4連続「ロマチェンコ勝ち」です。

今日も結局、スペックの違いを見せ付けました。それにしても私の予想がぴったりと当たり、びっくりしました。