わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

アンソニー・ジョシュア、小さな的にてこずり、辛うじてパーフェクトレコードをキープ VSカルロス・タカム

▼最新記事

アンソニー・ジョシュア(イギリス)VSカルロス・タカム(フランス)

WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ(2017年10月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20171206120558j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171206120609j:plain

(出典:WOWOW)

ジョシュアは19戦全勝19KO、28歳。身長198㎝のパーフェクトレコードホルダーです。

タカムは39戦35勝27KO3敗1分け、36歳。IBF3位、WBA14位。

 

ウラジミール・クリチコとの大激戦を制して、ジョシュアの人気はうなぎのぼり。

今回も、無名の相手にも関わらず7万8000人の大観衆が詰めかけ、屋内会場入場者数の記録を塗り替えました。

ジョシュアにとっては、今日は軽いチューンナップ試合という感じでしょうし、しかもタカムは当初の挑戦者が負傷のため、急きょ決まったピンチヒッターです。

誰もが早い回でのKOを期待したでしょうね。

 

スタミナ配分を考え慎重なスタート

リング上で対峙した両者の大きさの違いは、まるで大人と子供のようでした。

慎重で12㎝、体重で8、5キロの差があります。

落ち着いて慎重なスタートを切ったジョシュアに対して、タカムは大きく距離を獲り、ジョシュアの強打を警戒します。

力強い左右フックがヒットし、タカムが体勢を崩す場面がありましたが、この日のジョシュアはいつより慎重で、強引に倒しに行きません。気のせいか体の切れもないような気がします。

スタミナ配分を考えているのでしょうか。

 

的が小さくなかなか捕まえられない

体格で圧倒的なアドバンテージがあるジョシュアですが、意外に動きの速いカラムをなかなかとらえることが出来ません。

カラムは上体の動きも柔らかく、ジョシュアのパンチをうまくかわし、ヒットしてもダメージを最小限に殺すテクニックは、さすが世界3位と思わせます。

 それと、やはりジョシュアの動きにキレがないですね。

ダウンを奪うが倒し切れず

4ラウンドに少しプレッシャーを強めたジョシュアが、ようやく左フックでダウンを奪います。

このダウンの前にジョシュアのパンチで右目の上をカットし、その出血がかなり影響していたように思います。

f:id:stonemeintothegroove:20171206123355j:plain

(やっと左フックでダウンを奪うが)

この回は残り時間がほとんどなく、タカムはゴングに救われます。

どうも、ダウンのダメージより、右目の上の出血が大きなハンデになったようです。

当然、ジョシュアは5ラウンドに倒しに行きますが、タカムも負けていません。

うまくジョシュアのパンチをかわし、反撃に転じます。

 

ジョシュアがスタミナ切れ

5ラウンドにかなり力を使ったジョシュアは口が開いて、明らかにスタミナが切れてきた感じです。パンチにスピードがなくなり、ややパンチが流れるようになっています。

動きの悪くなったジョシュアに、タカムが前に出て攻撃する場面も見られ、パーフェクトレコードが途切れる可能性も出てきました。

8~9ラウンドは、明らかに息の上がったジョシュアですが、左ジャブを突きながらスタミナの回復を図ります。タカムもペースを奪うほどの力はありません。

 

10ラウンドに勝負をかける

 

スタミナの温存を図っていたジョシュアが、10ラウンドに一気に勝負をかけます。

そして、右フックがタカムの顎をとらえ、タカムが大きく体勢を崩します。

ジョシュアが連打を畳みかけタカムをロープに詰め右フックを叩き込んだところで、レフリーが割って入りました。

f:id:stonemeintothegroove:20171206125109j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171206125118j:plain

(右フックがクリーンヒットし、連打でロープに詰めて右フックを叩き込む)

f:id:stonemeintothegroove:20171206125258j:plain

(さらに追い打ちをかけたところでレフリーが割って入りました)

 

これで20戦全勝20KOのパーフェクトレコードをキープしました。

この日のジョシュアは、スピードがなく、的が小さくて動きの速いタカムに、かなりてこずりましたね。

結構、危ないタイミングで左フックを合わされていました。

それと、クリチコ戦同様、倒し切れなかったあとのスタミナ消耗にかなり課題が残りました。

今日のジョシュアは、私が見た試合の中で、一番出来が悪かったと思います。

デオンテイ・ワイルダーの方が強いような気がしてきました。

しかし、最後に勝負をかけた気持ちの強さはさすがですね。