わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

こんなボクシングでは絶対に世界は獲れませんよ カリド・ヤファイVS石田匠

▼最新記事

カリド・ヤファイ(イギリス)VS石田匠(井岡)

WBA世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年10月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20171205150719j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171205150731j:plain

(出典:WOWOW)

ヤファイは22戦全勝14KO、28歳。これが2度目の防衛戦で、しかも連続して日本人ボクサーが相手です。

怖いパンチはありませんが、とにかくガード上からでもパンチを打ってきて、しっかりポイントをしっかり獲る、典型的なイギリス人ボクサーと言えるでしょう。

 

石田は24戦全勝13KO、25歳。WBA1位。

私はこの選手の強さが全くわかりません。以前に、「絶対世界は獲れない」と断言したボクサーです。

私の予想は、120-108の大差判定負けでしたが、まあ、それに近い結果に終わりましたね。

この試合、アンソニー・ジョシュアのアンダーカードとして行われましたので、なんと観衆が7万8000人!

 

 

大観衆に飲まれ?手が出ない石田

序盤から積極的に手を出し、前に出てプレッシャーをかけるヤファイに対して、石田はバックステップを踏むばかりで、全く手が出ません。

3ラウンドぐらいから、ヤファイは石田の戦力を見切ったように、強引にパンチを振ってきます。慎重なヤファイにしては珍しいことです。

石田は完全に押されて、ポンポンとガード上からお構いなしに打ってくるヤファイに何もできません。

 

判で押したような展開が続く

5ラウンドに石田がようやく前に出て、ヤファイを追いつめましたが、その後はずっとヤファイのペース。

前に出てプレッシャーをかけるヤファイが先手先手でパンチを放ち、石田は後手後手に回り、ほとんど手が出ません。

そんなラウンドが11回まで続きました。

 石田は、それほどクリーンヒットももらわず、自分ではヤファイを捌いていたと思ってていたかもしれませんが、こんな消極的なボクシングでは敵地で勝てるわけがありません。ましてや挑戦者なのですから。 

最終回だけボクシングをした石田

圧倒的な手数で、積極的に攻めてきたヤファイも、さすがに終盤は疲れが見えてきました。それでも石田の攻撃は続かず、倍以上のパンチでヤファイに反撃を許してしまいます。

大観衆に飲まれたのか、地に足がついていない感じの石田でしたが、最終回だけは、少し力強いワンツーの連打を見せ、ヤファイをたじろかせました。

この攻撃がもっと早い回からほしかったですね。

 

何度も言いますが、こんなボクシングでは絶対に世界は獲れませんね。

公式ジャッジは3-0(118-110、116-112、116-112)でヤファイが2度目の防衛成功しました。

 

ヤファイはアメリカで行われる「SUPER FLY」への参戦を希望しているようです。

私はこんなつまらないボクサーに参戦してほしくないですね。

生意気なようですが、石田は根本的にボクシングスタイルを変えた方がいいと思います。