わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

「剛腕」梶颯 OPBFランカーに手を焼き連続KOストップ VSジュン・ブラゾ

▼最新記事

梶颯(帝拳)VSジュン・ブラゾ(フィリピン)

S・フライ級8回戦(2017年12月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20171204114755j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171204114807j:plain

(出典:日テレG+)

梶は8戦全勝7KO、20歳。日本S・フライ級12位。

現在、5連続KO勝利中で、来年には日本タイトル挑戦を狙っています。

ブラゾは13戦7勝6KO3敗3分け、25歳。OPBF東洋太平洋S・バンタム級15位。

前回の試合でフィリピンのランカーをあっさりKOしていますので、今日の相手も早い回でのKOが期待されます。

 

初回にダウンを奪うが

ブラゾは手数が多く初回から積極的にパンチを打ってきます。

梶は下がりながら時折、右を放って距離を測ります。

そして、ラウンド後半に梶が放ったオーバーハンドライトが、ブラゾのテンプルをとらえ、早くもダウンを奪います。

f:id:stonemeintothegroove:20171204115217j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171204115225j:plain

(いきなり放った右オーバーハンドがブラゾのテンプルにヒット)

これは早いぞ!と思いましたが、立ってきたブラゾに、それほどダメージがなさそうで、梶の強引な追撃をかわし、パンチを打ち返してきます。

梶は右を狙いすぎて力みすぎ、ブラゾを仕留めることが出来ません。

 

右を狙いすぎ

右を狙いすぎて、ブラゾをとらえることが出来ず、むしろ手数の多いブラゾのパンチが再三、梶の顔面をヒットします。

梶は左ジャブがすっかり影を潜め、右一辺倒。すっかりペースをブラゾに握られてしまいます。

その後、一進一退の攻防が続きましたが、4ラウンドあたりからようやく梶の左ジャブが出るようになります。

しかし、完全に梶がペースを取り戻すことが出来ません。

梶のパンチがヒットしても、ブラゾは必ず打ち返してきます。

5ランドまでしか経験のない梶は、6~7ラウンドは少しペースを落とし、スタミナの温存を図ったような感じです。

 

最終回のKOチャンスを逃す

そして、最終8ラウンドに、梶が一気に攻勢をかけます。

スタミナを温存し、この回に完全に勝負をかけたようです。

右ストレートでブラゾの体勢が崩れたのを機に、連打を浴びせます。

初回のダウンより明らかにダメージが感じられましたが、ブラゾはしぶといですね。

よれよれになりながらも、必死に粘ります。

あともう一歩まで追いつめましたが、ブラゾに逃げ切られてしまいました。

 

採点は3-0(77-75、76-74、77-74)で梶がかろうじて判定を勝ち取りました。

この日の梶はガードの甘さが目につきましたね。不用意にパンチをもらいすぎます。

前半、左ジャブが少なく、ひょっとして手を痛めたのかと思いました。得意の左ボディはどうしたのでしょうね。

しかし、最終回の猛攻でようやく梶らしさを見せてくれました。

今日は、8ラウンドまで戦ったのがいい経験になった、としか言いようがないですね。