わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

唯一倒せなかった相手を3分で片づける デオンテイ・ワイルダーVSバーメイン・スティバーン

▼最新記事

デオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSバーメイン・スティバーン(アメリカ)

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2017年11月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20171130105541j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171130105551j:plain

(出典:WOWOW)

ワイルダーは38戦全勝37KO、32歳。唯一倒せなかったのが、この防衛戦の相手で、前王者のバーメイン・スティバーンです。

スティバーンは28戦25勝21KO2敗1分け、39歳。WBC1位。

 

 

前王者はほとんど何もできず

ワイルダーは低いガードから長い左ジャブで、前に出るスティバーンを突き放します。

スティバーンもガードを高く上げ、このジャブにしっかり反応していました。

試合間隔があいてこの試合が約2年ぶりとなるスティバーンですが、動きは悪ないようです。

このまま1ラウンドが終わるかと思われた2分過ぎに、ワイルダーのワンツーがきれいにスティバーンのガードを割り顎をとらえました。

たまらずスティバーンはダウン。ほぼこの右ストレートがすべてだったように思います。絵に描いたようなようなワンツーでしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20171130114058j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171130114110j:plain

(この右をもらったらひとたまりもないでしょう)

f:id:stonemeintothegroove:20171130114220j:plain

なんとか立ってきたスティバーンですが、ガードをするのが精いっぱい。もう反撃する力は残っていません。

 

ワイルダーのまさにワイルドな追撃であっさり2度目のダウンを喫します。

f:id:stonemeintothegroove:20171130114425j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171130114435j:plain

(ガードの上からのパンチでしたが、もう何が当たっても倒れる状態)

再び立ってきたスティバーンに、レフリーは試合続行を許します。

残り時間もほとんどありませんから、このまま逃げ切るかと思われましたが、ワイルダーの狙いすました右ストレートでスティバーンはついに失神。

立たない方が良かったですね。

f:id:stonemeintothegroove:20171130114805j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171130114814j:plain

(もうサンドバック状態のスティバーンに、狙いすました右ストレート)

結局、スティバーンは何もしないまま終わってしまいました。

しかし、ワイルダーのワンツーストレートは見事でした。あれをもらって、立っていられるヘビー級はいないでしょうね。

この勝利でワイルダーは事実上の全試合KO勝ちを達成したと言えるでしょう。

 

次はいよいよアンソニー・ジョシュアとの夢の対決となりますが、その前にWBC6位のディリアン・ホワイト(イギリス)との調整試合を挟むようです。

23戦22勝16KO1敗、29歳。唯一の1敗は、2年前にジョシュアに7回TKO負けしたものです。