わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

予想外に(失礼!)大健闘 近藤明広VSセルゲイ・リピネッツ IBF世界S・ライト級王座決定戦

▼最新記事

セルゲイ・リピネッツ(ロシア)VS近藤明広(一力)

IBF世界S・ライト級王座決定戦(2017年11月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20171129110359j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171129110414j:plain

(出典:WOWOW)

セルゲイ・リピネッツは、12戦全勝10KO、28歳。IBF1位。

小柄ですが、パワフルなハードパンチャーという感じですね。

近藤は、36戦29勝16KO6敗1分け、32歳。IBF3位。

テレンス・クロフォードがタイトルを返上したため、チャンスが巡ってきました。

まことに申し訳ありませんが、私の予想では、早い回で近藤が倒されるだろうと思っていました。

このクラスの日本と世界のレベルの違いは、相当なものですからね。

 

 

前に出るのは近藤

リピネッツの試合を一度も見たことがありませんので、体格と戦績から、てっきり前に出てガンガン攻めて来るものだと思っていまいた。

しかし、序盤は、近藤が左ジャブを突いて前に出て、リピネッツは下がりながら、慎重に近藤の出方を探っています。かなり慎重ですね。

近藤は、なかなかいい立ち上がりを見せます。

リピネッツは、意外と小柄でパワフルな感じはしません。

しかし、2ラウンドに放った右アッパーのカウンター一発で、近藤の鼻が赤くなり、出血。このアッパーはかなり威力がありそうです。

 

f:id:stonemeintothegroove:20171129113007j:plain

(リピネッツのアッパーがカウンターで近藤の鼻にヒット)

鼻血の影響か近藤の手数が減る

3ラウンドに入っても、近藤は前に出ますが、リピネッツが下がりながらも先にパンチをヒットします。

鼻血の影響からか、明らかに近藤の手数が減り、後手後手に回ります。

せっかくいい立ち上がりを見せたのに残念です。

リピネッツも連打はありませんが、単発のパンチをポンポンと打ってきます。

しかし、6ラウンドにお互いの頭が当たり、リピネッツの額が割れます。

f:id:stonemeintothegroove:20171129113705j:plain

(リピネッツが前に出たところでお互いの頭が当たる)

リピネッツの動きが悪くなる

 

7ラウンドは頭の傷の影響か、今度はリピネッツの動きが少しぎこちなくなります。

そして、近藤の右ストレートがヒットし、リピネッツは近藤のパンチをかなり警戒するようになります。見た目以上に近藤のパンチにも威力がありそうですね。

しかし、如何せん手数が少ない。

せっかく前に出てプッシャーをかけながら、先に手を出すのはリピネッツです。

近藤のパンチがヒットしても、必ずリピネッツは打ち返してきます。

f:id:stonemeintothegroove:20171129114328j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171129114438j:plain

(先に近藤の左ジャブがヒットしていますが、リピネッツの右フックの方が見た目が派手)

終盤は一進一退

かなり顔が腫れてきて疲れも見える近藤に、先に攻勢をかけたのはリピネッツです。

中盤は下がる場面が多かったのですが、11ラウンドは少し前に出て、手数が増えてきました。

しかし、最終ラウンドは近藤も根性を見せます。

ようやく手数が増え、前に出てパンチを放ちますが、逃切りを図るリピネッツのディフェンスに阻まれ、なかなかクリーンヒットを奪えません。

浜田剛史さんが「この攻撃がもっと早い回からほしかったですね。」

近藤は思ったより大健闘しましたが、やはり力の差は歴然としていました。

判定は3-0(118-110、117-111、117-111)と大差がつき、リピネッツがタイトルを獲得しました。

 

しかし、リピネッツもクロフォードに比べると、かなり見劣りしますね。

クロフォードとやったら、あっさり倒されているでしょう。

パワフルなハードパンチャーというより、変則的なテクニシャンという感じがしました。岡田博喜なら勝てるかもしれません。