わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

レオ・サンタ・クルスが得意の弱いものいじめにも関わらず倒し切れず VSクリス・アバロス

▼最新記事

レオ・サンタ・クルス(メキシコ)VSクリス・アバロス(アメリカ)

WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171122120142j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171122120155j:plain

(出典:WOWOW)

サンタ・クルスは35戦34勝18KO1敗、29歳。

アバロスは32戦27勝22KO5敗、27歳。

 

サンタ・クルスは決して危険な相手を選びません。唯一1敗したカール・フランプトンも強敵ではありますが、決して危険な相手ではありませんでした。

この日のアバロス戦は、タイトルマッチとはいえ、完全にチューンアップ試合という感じですね。これに勝って、アブネル・マレスとの再戦というのが、青写真です。

 

アバロスといえば、2014年にマカオで、石本康隆をTKOで下し、石本のIBF世界S・バンタム級への挑戦権を奪っています。まあ、この頃が全盛期だったような気がします。

WBA11位ですが、タイトル戦成立のために、無理やりランキング入りしたような気がします。

ちなみに、2015年にはWBOのフェザー級王者、オスカル・バルデスには5RKO負けしています。

 

 

珍しく強引に倒しに行くサンタ・クルス

初回から両者はかなり積極的に打ち合います。

アバロスはタフで好戦的なファイターですし、サンタ・クルスもかなり力のこもった右がヒットさせ、一歩も引きません。

解説の西岡利晃さんは「サンタ・クルスはいつよりかなり力みがありますね」。

 

4ラウンドは、サンタ・クルスが放った右フックがアバロスの顎をとらえ、アバロスが体勢を崩すと、サンタ・クルスが珍しく強引に倒しに行きます。

サンタ・クルスが連打でアバロスを追いつめますが、決定的なダメージを与えることが出来ません。

アバロスがタフなのか、サンタ・クルスのパンチが、西岡さんが言うように力みすぎて、今一つキレがないのか、何度もダウン寸前に追い込みながら、アバロスに逃げ切られます。

 

珍しくスタミナ切れのサンタ・クルス

無理をしないサンタ・クルスにしては、珍しく4ラウンドにスタミナを使いすぎ、5ラウンドはむしろアバロスの攻勢の方が目立ちました。

サンタ・クルスの右のパンチは体が流れ出し、全体的に攻撃が雑になり、アバロスが息を吹き返します。

しかし、7ラウンドからサンタ・クルスはボディ攻撃に切り替え、アバロスは明らかに動きが悪くなってきます。

8ラウンドにまた勝負をかけたサンタ・クルスの連打をあび、右ストレートを放ったところで、レフリーが割って入り、試合終了。

f:id:stonemeintothegroove:20171122131715j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171122131726j:plain

(まだ十分戦えそうな感じでしたが、レフリーがストップしました)

ストップのタイミングとしては、唐突な感じを受けましたが、今までのダメージを考えると仕方がないのかもしれません。

しかし、アバロスはこのストップには相当不服そうでした。

止めるなら、4ラウンドかな、と思いましたが、サンタ・クルスのパンチは見た目ほど威力がなかったのかもしれませんね。

 

これで、アブネル・マレスとの統一戦は、打撃戦にはなるかもしれませんが、スリリングな場面はほとんどなく、どっちが勝ったかわからいような退屈な12ラウンドを消化することになりそうです。