わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

見事なまでにパンチ力がないですね~ アブネル・マレスVSアンドレス・グティエレス

▼最新記事

アブネル・マレス(メキシコ)VSアンドレス・グティエレス(メキシコ)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171121105621j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171121105639j:plain

(出典:WOWOW)

マレスは33戦30勝15KO2敗1分け、31歳。

私は、マレスのベストファイトは、2013年のジョニー・ゴンザレス戦だと思います。ダニエル・ポンセレオンを珍しくTKOで破り、獲得したWBC世界フェザー級タイトルの初防衛戦で、アッと驚く1R負け。

ジョニゴンのパンチ力を改めて見直しましたが、とにかく手堅いマレスがKO負けして、ホントにスカッとしました。

もちろん、マレスは嫌いです。ホントにつまらないボクシングをします。

 

グティエレスは37戦35勝25KO1敗1分、24歳。WBA12位。

唯一の1敗は、これも大嫌いなクリスチャン・ミハレスに喫したものです。

グティエレスはこういう堅実なボクサーに弱いのかな。だとしたら、マレスも苦手かもしれません。

 

 

パンチの回転数が違いすぎる

前に出るのはグティエレスですが、先に手を出すのはマレスです。それも8連発ぐらい。とにかくパンチの速いですね。

コンビネーションであらゆる角度からパンチをヒットします。

 

グティエレスは全くスピードについていけません。

特にマレスのややオーバーハンド気味の右フックは、見えてないようですね。

これだけパンチがクリーンヒットしても、グティエレスには全くダメージ感じられません。ホントにマレスはパンチ力がないですね。まるで寸止めでもしているかのようです。

 

グティエレスは中盤からプレスを強めるが

パンチ力があるのはグティエレスですね。6ラウンドに右アッパーをヒットすると、マレスの動きが止まり、ようやくグティエレスのパンチがヒットし出しました。

しかし、カットした左目の出血がひどくなり、左耳も出血しています。

さすがのマレスも後半から少しずつ手数が減ってきましたが、グティエレスのパンチは相変わらずヒットしません。

10ラウンドはずっと前に出ていたグティエレスが、下がるようになります。

完全に手が止まり、動きが悪くなってきました。

そして、残り15秒あたりでレフリーがドクターチェックのためストップします。

もう見た目にも続行不可能という感じでしたが、やはりすぐにドクターストップとなりました。

 

最初はTKOだと想っていましたが、レフリーの裁定は負傷判定。最初の傷はパンチによるものだが、その後の傷の悪化はバッティングによるものと判断したようです。

私にはパンチによるダメージに見えましたが。

 

判定は文句なしに3-0(100-90、99-91、99-91)でマレスの勝ちです。

次はスーパー王者のレオ・サンタ・クルスとの統一戦となるようですが、また僅差の判定決着になるのは、間違いないでしょう。

 

 

そうです、私はサンタ・クルスも嫌いです。ついでにカール・フランプトンも。

フェザー級での注目株は、マーク・マグサヨ(フィリピン)ですね。

11月25日にフィリピンで林翔太(畑中)と対戦が決まっています。

マグサヨがあっさりKOするでしょうね。