わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ちょっと気が早いですか?大みそかの話 井上尚弥&拳四朗&田口良一&京口紘人

▼最新記事

井上尚弥(大橋)VSヨアン・ボアイヨ(フランス)

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20171119143856j:plain

相手探しに苦労している井上に、やっと相手が見つかりました。

ランキング7位のボアイヨは、無効試合を挟んで31連勝中の29歳、フランス人です。

まあ、井上の仕上がりさえ問題なければ、このフランス人に負けることはないでしょうね。

井上の唯一の敵は「油断」だけです。

 

問題は、このあと、来年2月24日に米国で予定されている「SUPERFLY2」への出場し、IBF王者のジャーウィン・アンカハス(フィリピン)と対戦することがほぼ決定しているという話です。

2か月足らずのインターバルで、統一戦とは何ともすごい計画です。

ちなみに、アンカハスは18日に、イギリスで無敗のジェイミー・コンランを6RKOして、3度目の防衛に成功しています。

井上としては、ダメージを残さず、フランス人を倒しておかないといけませんね。

 

拳四朗(BMB)VSヒルベルト・ペドロサ(パナマ)

 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20171119143956j:plain

拳四朗は10月22日に初防衛に成功したばかりです。こちらもわずか2か月余りのインターバルで2度目の防衛戦を行うという強行スケジュールです。

ペドロサはランキング8位(私の持っているボクシングマガジンではまだ13位)です。23戦18勝8KO3敗2分け、25歳。

10月26日にWBAカリブ海ライトフライ級王座を獲得し、ランキングを上げたのでしょうね。ちなみにWBAでは4位にランクしています。

 

拳四朗もこの防衛戦に勝てば、次は前王者のガニガン・ロペスとの再戦が予定されています。

怖いパンチはなさそうですし、ここは思い切った攻めでKO防衛を期待したいですね。

 

田口良一(ワタナベ)VSミラン・メリンド(フィリピン)

WBA・IBF世界ライトフライ級王座統一戦(2017年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20171119143623j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171119143658j:plain

 

田口は本来ならWBOの田中恒成と統一戦をやるという話でしたが、田中が負傷したため、相手がIBFに代わって、ミラン・メリンドと統一戦をやることになったようです。

 

メリンドといえば、5月21日に八重樫東を1RKOで倒し、タイトルを獲得した強豪です。

39戦37勝13KO2敗、29歳。

八重樫戦では衝撃的なKOで勝ちましたが、出会いがしらにいいパンチをもらったという感じで、私はそれほどパンチ力があるボクサーだとは思っていません。むしろ完成度の高いテクニックを持った、隙のないボクシングが持ち味のような気がします。

しかし、今の田口なら、得意の消耗戦に持ち込めば、十分勝てるチャンスがあると思います。

 

余談ですが、井岡一翔がタイトルを返上したため、大みそかに4つも世界戦が行われるなんていう、ボクシングファン泣かせの過密スケジュールがなくなり、ほっとしています。

 

京口紘人(ワタナベ)VSカルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(2017年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20171119144114j:plain

京口の前回の世界戦では、ダウンを奪ってタイトルを獲得しましたが、前半はチャンピオンのパワーに押され、かなり苦しい展開だったように思います。

8戦全勝6KO、23歳。成長に期待しましょう。

 

ブイトラゴはランク3位ですが、1位と2位が空位ですので、事実上のトップコンテンダーです。しかも、ローマン・ゴンザレスの後継者とも言われている強豪です。

33戦30勝17KO2敗1分け1無効試合、25歳。

2敗はいずれも、ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)との世界戦で判定負けしたものです。

京口にとっては、タイトルを獲得した試合よりも、さらに厳しい戦いになるでしょうね。