わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

メダリスト2人が揃ってKO勝ち  ロブソン・コンセイサオ(リオ金メダル)&マイケル・コンラン(ロンドン銅メダル)

▼最新記事

ロブソン・コンセイサオ(ブラジル)VSカルロス・オソリオ(ニカラグア)

S・フェザー級8回戦(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171115114657j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171115114712j:plain

(出典:WOWOW)

コンセイサオは4戦全勝3KO、リオオリンピックのライト級金メダリストです。

長身でしなるようなパンチで相手を倒します。

オソリオは21戦13勝5KO7敗1分け。ニカラグアの中堅選手です。

 

コンセイサオの左ジャブは長いですね。左右のボディブローも威力十分です。

背の低いオソリオは、接近して、距離をつぶす作戦です。結構負けずに打ち返しています。

それにしても、コンセイサオは独特の打ち方をします。右ストレートは突き刺すような感じです。

連打の回転はそこそこ速いと思いますが、パンチは決して速くはないですね。

 

3ラウンドに入ると、コンセイサオが少し強めにパンチをヒットし出します。

手数も増えてきました。

前半のコンセイサオの攻撃を凌ぐと、オソリオも負けじと打ち返してきます。

コンセイサオの攻撃は少し雑な感じがします。

この回、後半は軽く流して、オソリオのパンチを捌きます。

 

さあ、次の回で決めるかな、と思ったら、オソリオが右肩の異常をうったえ、あっさりギブアップしてしまいました。

あっけない結末です。

 

マイケル・コンラン(アイルランド)VSケニー・グスマン(アメリカ)

フェザー級6回戦(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171115121536j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171115121545j:plain

(出典:WOWOW)

コンランは3戦全勝3KOのハードヒッターです。

ロンドンオリンピックのフライ級銅メダリストです。リオオリンピックでは、バンタム級で戦い、残念ながらベスト8にとどまっています。

ケニー・グスマンも3戦全勝1KO。

コンランは均整の取れた、がっしりした体つきをしています。

 

コンランは右構えですが、1ラウンド途中からサウスポーにスイッチしました。

サウスポーだとややガードが甘くなりますね。

2ラウンドに入ると、早くもコンランの右ストレートカウンターのタイミングがあってきました。

そしてややコンランの一歩的な展開になってきたところへ、コンランの右フックがカウンターでヒットし、グスマンが仰向けにダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171115121727j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171115121739j:plain

(絶妙のタイミングで右フックカウンターがグスマンの顎をとらえます)

 

f:id:stonemeintothegroove:20171115121917j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171115121931j:plain

(反対の角度から)

これは立てない!と思いました。辛うじて立ってきたグスマンでしたが、レフリーがカウント8でストップしました。

 

解説の西岡利晃さんが「この選手は世界チャンピオン候補ですね」と明言。

まあ、世界を獲れるかどうかはわかりませんが、この日の出来だけで判断すると、素質か金メダリストのコンセイサオより、銅メダルのコンランの方が上に見えました。