わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

2017年東日本新人王決勝 飯見嵐(MVP)&薮崎賢人(技能賞)&ジロリアン陸(敢闘賞)

▼最新記事

東日本新人王決勝 2017年11月3日

12階級中、7試合がKO決着となり、なかなか白熱した大会でした。

 各階級の結果は以下の通りです。

 

 

ミニマム級決勝戦 4回戦

赤羽根烈(宇都宮金田)(棄権)和田優麻(REBOOT)

 

ライトフライ級決勝戦 4回戦
佐藤剛(角海老宝石)(4R 判定2-1)亀山大輝(ワタナベ)

フライ級決勝戦 4回戦(技能賞)
薮崎賢人(セレス)(1R TKO)荒川竜平(中野サイトウ)

 

スーパーフライ級決勝戦 5回戦
今川未来(木更津GB)(5R 判定3-0)住田愛斗(角海老宝石)

 

バンタム級決勝戦 4回戦
富施郁哉(ワタナベ)(4R 判定3-0)池上渉(郡山)

スーパーバンタム級決勝戦 4回戦(MVP)
飯見嵐(ワタナベ)(1R KO)濱田力(本多)

フェザー級決勝戦 5回戦
佐々木蓮(ワタナベ)(4R KO)清田亨(大橋)田力(本多)

スーパーフェザー級決勝戦 5回戦(敢闘賞)
ジロリアン陸(フラッシュ赤羽)(3R KO)今井健裕(ワールドスポーツ)

 

ライト級決勝戦 5回戦

有岡康輔(三追)(5R TKO)内藤未来(E&Jカシアス)

スーパーライト級決勝戦 4回戦
木原宗孝(帝拳)(3R TKO)土田佑一(札幌協栄)

 

ウェルター級決勝戦 4回戦
重田裕紀(ワタナベ)(4R 判定3-0)江黒央(K&W)

 

ミドル級決勝戦 4回戦
加藤収ニ(中野サイトウ)(3R TKO)優しんご(宇都宮金田)

 

MVP 飯見嵐(ワタナベ)VS濱田力(本多)

(スーパーバンタム級4回戦)

f:id:stonemeintothegroove:20171114134514j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171114134534j:plain

(出典:日テレG+)

飯見は3戦全勝3KO、21歳。

濱田は7戦全勝6KO、21歳。

全勝のハードパンチャー同士。注目の一戦です。

背の低い飯見は、上体をゆすって前に出ます。頭が低いので、濱田は少しやりにくそうです。

そして2分過ぎ。飯見の右フックが濱田の顎をとらえました。

f:id:stonemeintothegroove:20171114135121j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171114135255j:plain

(豪快な一発でした。)

f:id:stonemeintothegroove:20171114135407j:plain

(見事に濱田の顎を打ち抜きました)

何とか立ってきたましたが、足元のふらつく濱田をみってレフリーがストップしました。

 

技能賞 薮崎賢人(セレス)VS荒川竜平(中野サイトウ)

(フライ級4回戦)

f:id:stonemeintothegroove:20171114140352j:plain

(出典:日テレG+)

薮崎は5戦3勝2KO1敗1分け、20歳。

荒川は5戦4勝2KO1分け、28歳。

サウスポー同士の対戦です。

決勝まで勝ち上がってきた選手はやはりサウスポーが多いですね。

キャリアの浅い4回戦では、間違いなくサウスポーが有利です。

 

試合が始まってすぐ、薮崎の右フックがヒットし、早くもダウンを奪います。

f:id:stonemeintothegroove:20171114140522j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171114140535j:plain

(薮崎の右フックで荒川が1回目のダウン)

薮崎のパンチはパワーがありますね。

立ってきた荒川に薮崎が襲い掛かります。薮崎は当て勘もいいですね。

今度は右からの返しの左フック。荒川も同時に右フックを放っており、この薮崎の左フックがカウンターでヒットした形です。

f:id:stonemeintothegroove:20171114140953j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171114141022j:plain

(薮崎は左も強い。荒川の右フックに合わせたカウンター)

f:id:stonemeintothegroove:20171114141341j:plain

これはかなりダメージがありました。

何とか立ってきましたが、薮崎の連打にさらされ、レフリーがすぐにストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171114141431j:plain

(薮崎が連打で畳みかけるとレフリーが割って入りました)

 

敢闘賞 ジロリアン陸(フラッシュ赤羽)VS今井健裕(ワールドスポーツ)

(S・フェザー級5回戦)

 

f:id:stonemeintothegroove:20171114142737j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171114142746j:plain

(出典:日テレG+)

ジロリアンは8戦7勝7KO1敗、29歳。唯一の1敗はデビュー戦でタレントのロバート山本さんに喫したものです。

この日は、ロバートさんも会場に来ていました。

f:id:stonemeintothegroove:20171114143254j:plain

前に出てプレッシャーをかけるのが今井で、ジロリアンは下がりながらパンチをヒットします。

今井は前に出るものの、あまり手が出ません。先にジロリアンのパンチが先にヒットします。手数はフットワークを使うジロリアンの方が上です。

ジロリアンはボディブローが上手いですね。

そして、3ラウンド。お互いが右フックを放ちましたが、ジロリアンの右が先にヒットし、今井がダウンします。

f:id:stonemeintothegroove:20171114143803j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171114143907j:plain

(ジロリアンの右フックが今井の顎をとらえダウンを奪います)

立ってきた今井に対して、ジロリアンが連打を浴びせますが、効果的なパンチがなく、打ち疲れたジロリアンに、今井が反撃。一転してジロリアンがピンチに陥りました。

しかし、ラウンド終盤に放った左フックが今井の顎をとらえ、またもや今井がダウン。

これは見た目にもダメージが深刻で、レフリーがカウント途中でストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171114144302j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171114144308j:plain

(ジロリアンは左の方が強いですね)

全日本決勝は、西軍のMVP、噂の森武蔵が相手です。楽しみですね。