わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

衝撃の1R一発KO!倒し屋に進化?チャーロ弟 ジャーメル・チャーロVSエリクソン・ルビン

▼最新記事

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSエリクソン・ルビン(アメリカ)

WBC世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171109110248j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171109110259j:plain

(出典:WOWOW)

チャーロ弟は29戦全勝14KO、27歳。戦績からもわかりますが、元々はテクニック重視の堅実なボクシングで勝ってきた選手です。

倒し屋の兄、ジャーマルとは対照的なボクサーという印象でした。

しかし、最近3試合はすべてKO勝ちと、少しずつハードヒッターへと進化しつつあります。

 

www.boxing-blog.com

 

ルビンは18戦全勝13KO、22歳のサウスポー。まだ、22歳ですが、完成度の高いボクシングでついに1位まで上り詰めました。

 

www.boxing-blog.com

 

 非常に楽しみな対戦です。試合前のかけ率も13-11と拮抗しています。

ルビンの評価の高さがうかがえますね。

パワーアップしてきたジャーメルも、この相手を倒すのは容易ではないでしょう。

 

 

経験の差?一瞬のスキが命取り

オーソドックススタイルのチャンピオンに対し、ルビンはサウスポー。

お互い緊迫した探り合いでスタート。フェイントの掛け合いは高い技術戦を予想させます。ルビンの右ジャブも速いですね。

しかし、チャーロの放った右ストレートが、ルビンの顎にヒット。クリーンヒットではありませんが、これで流れが大きく変わったような気がします。

そして、チャーロが左ジャブを2発。これをダッキングでかわしたルビンの顎に、なんとチャーロの右アッパーが飛んできました。

予想外のパンチにルビンはこのパンチをまともにもらい、崩れるようにダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171109114018j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171109114028j:plain

(2発目の左ジャブをダッキングでかわしたところへ、チャーロの右アッパーがヒット)

f:id:stonemeintothegroove:20171109114148j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171109114202j:plain

(左ジャブは余裕で見切り、2発目のジャブはダッキングでかわします)

f:id:stonemeintothegroove:20171109114342j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171109114353j:plain

(そこへチャーロの予想外の右アッパーが飛んできます。これは完全に効きました)

私はあまりに速くて、右ストレートに見えましたが、浜田剛史さんが「右アッパーですね」としっかり見てました。

ジャーメル・チャーロのパンチは、予想以上にパワーアップしていますね。

ルビンの倒れ方を見て、これは相当ダメージがあると思いました。

 

何と、1ラウンド、一発KOです。

出会いがしらの一発に見えますが、完璧なテクニックとパンチ力があってこそのKO劇だと思います。

チャーロは、S・ウェルター級では、頭一つ抜け出た感じがしますね。

しかし、ルビンはまだ22歳。近い将来に必ず世界戦線に浮上してくると思います。