わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

この名前は覚えにくい!でも強いぞ エジディウス・カバロウスカス VSマオンリー・モンテス

▼最新記事

エジディウス・カバロウスカス(リトアニア)VSマオンリー・モンテス(メキシコ)

NABF北米ウェルター級王座決定戦10回戦(2017年10月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20171107105051j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171107105103j:plain

(出典:WOWOW)

リトアニアのボクサーは初めてお目にかかります。ロシアとポーランドに挟まれ、バルト海に面した国です。EUに加盟しているんですね。

カバロウスカスは、17戦全勝14KO、28歳。WBO4位。

アマチュアのエリートです。

モンテスは、39戦32勝21KO6敗1分け、27歳。

元WBC暫定中米カリブS・フェザー級チャンピオン。

 

左ジャブの威力が違う

S・フェザーから上がってきたモンテスの方が大きいですね。

リーチも長そうに見えますが、左ジャブの差し合いでは、背の低い方のカバロウスカスに軍配が上がります。

速くて、強くて、的確です。

前に出てプレッシャーをかけるのはモンテスですが、得意の接近戦に持ち込む前に、カバロウスカスの左ジャブが先に飛んできます。

モンテスのパンチを見切った感じのカバロウスカスが、3ラウンドに連打で畳みかけます。しかし、少し意外だったのは、連打するとカバロウスカスのガードがやや甘くなり、モンテスのカウンターをまともにもらっていたことです。

 

中盤からは完全にカバロウスカスのペース

 

前に出てプレッシャーをかけるモンテスに対して、カバロウスカスはヒットアンドウェイ。打っては離れ打っては離れ、ちぎっては投げ、ちぎっては投げと、もうやりたい放題です。

しかし、調子位に乗って連打すると、最後にモンテスの右フックのカウンターをもらい、ガクンと膝を折り、ロープまで下がる場面がまた見られました。

f:id:stonemeintothegroove:20171107111636j:plain

(素晴らしい連打の後、ガードがガラ空きになりモンテスのカウンターをもらう)

見た目ほどダメージはなさそうでしたが、パンチのある選手だと、この一発で形勢が逆転する可能性もあります。

 

結局カバロウスカスのパンチによって、右目がふさがり、7ラウンドが始まったところで、長いドクターチェックがありました。

f:id:stonemeintothegroove:20171107112052j:plain

(カバロウスカスの左ジャブを相当受けていましたから、もう形相が完全に変わっていました)

一度は再開されましたが、カバロウスカスの連打にさらされたところで、レフリーがストップしました。

両者の力の差が歴然としていましたね。

調子に乗って連打した時に隙ができるのは、モンテスの力量を見切っていたからかもしれませんが、ヒットアンドアウェイでボクシングをしているときの安定感は、ほぼ完璧ですね。

ウェルター級はホントに層が厚い階級です。

このリトアニア人も来年には世界戦線に顔を出してくるでしょう。