わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

竹迫司登がアマチュアのホープ福本を一発で沈める ミドル級に新星現る! 福本翔馬VS竹迫司登

▼最新記事

福本翔馬(角海老宝石)VS竹迫司昇(ワールドスポーツ)

日本ミドル級王座最強挑戦者決定戦(8回戦)(2017年11月4日)

f:id:stonemeintothegroove:20171106113636j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171106113704j:plain

(出典:日テレG+)

福本はアマチュアで57戦48勝37KO9敗。アマチュア5冠のいわゆる「アマチュアエリート」です。

 プロでも12戦11勝9KO1敗、26歳のハードパンチャーです。日本ミドル級1位。

www.boxing-blog.com

しかし、前回のブログでも書きましたが、とてもアマチュアで57戦ものキャリアがあるようには、とても見えません。パンチ力はあるかもしれませんが、不器用すぎますし、 スピードも物足りません。

 

竹迫もアマチュアで41戦30勝24KO11敗の実績がありますが、福本のようなエリートではなさそうですね。

しかし、プロでは6戦全勝6KOとパーフェクトなレコードで、日本ミドル級2位まで駆け上がってきました。

26歳。

とても楽しみなカードですね。

 

 

竹迫がスピードとパワーで圧倒

福本は184㎝と恵まれた体格をしています。リーチも長いですね。

一方の竹迫は177㎝。ミドル級では少し小さいかもしれませんが、パワー、フィジカルの強さでは福本を上回っています。

竹迫が、距離を取りたい福本に初回からフレッシャーをかけ、接近戦に持ち込みます。

パンチのスピードも当て勘も竹迫が優っていて、福本のパンチは左のボディブローが時折ヒットするだけです。

 

そして、1分30秒を過ぎたころ、竹迫の左ジャブから右フックが、福本の顎を豪快に打ち抜き、福本は頭からもんどりうってダウン。

 

f:id:stonemeintothegroove:20171106114501j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171106114514j:plain

(竹迫の左ジャブから右フックが福本の顎にジャストミート)

f:id:stonemeintothegroove:20171106114609j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171106114619j:plain

(頭から崩れ落ちるようにダウン。これは立てないでしょう)

 

ダウンした瞬間、これは立てない、と思うほど豪快な一発でした。

 

練習ではパワーアップを図っていたという福本ですが、それよりもっと速い左ジャブを磨くことが必要でしょう。自分の恵まれた体型を生かしたボクシングが、全く出来ていません。

 

それにしても、ミドル級でこんな逸材が隠れたいたとは、驚きです。

パワーがあってパンチ力があって、しかも、結構動きにキレがあり、パンチのスピードもありますね。ちょっと褒めすぎですか?

とにかく、当て勘は福本よりはるかに上でしたね。

日本タイトルマッチで西田光を倒したら、これはもう「本物」でしょう。

f:id:stonemeintothegroove:20171106120029j:plain

(この右フックは抜群のタイミングでした)