わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ジョセフ・パーカーの剛腕も「暖簾に腕押し」 VSヒューイ・フューリー WBO世界ヘビー級タイトルマッチ

▼最新記事

ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)VSヒューイ・フューリー(イギリス)

WBO世界ヘビー級タイトルマッチ(2017年9月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20171102095915j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171102095921j:plain

(出典:WOWOW)

パーカーは23戦全勝18KO、25歳。高いKO率を誇っていたパーカーですが、世界戦2試合はいずれも判定決着。これが2度目の防衛戦です。

ちなみに、パーカーはニュージーランド初のヘビー級王者です。

フューリーは名前からも想像出ますが、長期政権を築いていたウラジミール・クリチコからタイトルを奪ったタイソン・フューリーの従弟です。

20戦全勝10KO、23歳。ヘビー級にしてはちょっとKO数が寂しい感じがします。

 

 

12ラウンドすべて判で押したような展開

前に出てプレッシャーをかけるパーカーに対し、長い左ジャブを突きながら、フットワークでアウトボクシングに徹するフューリーという構図は、最後まで変わりませんでした。

思い切ってパンチを打ち込むパーカーですが、ほとんどクリーンヒットしません。

フューリーはロープに詰まると長い腕を絡ませ、クリンチに逃げます。

この長いリーチはクリンチのためにあるような感じですね。

時折、フューリーの右カンターがヒットしますが、あまりにも非力で、パーカーは全く動じません。しかし、パーカーのパンチもパワーは感じられますが、全くクリーンヒットせず、まさに「暖簾に腕押し」状態です。

 

とにかくお互いにほとんどクリーンヒットがなく、それが最後まで続きます。

パーカーは、バカの一つ覚えみたいに同じ攻撃を繰り返し、完全にフューリーに読まれていますが、フューリーも下がるばっかりでほとんどパンチを打ちません。

 

やっと最終回にパーカーのパンチが

これほどクリーンヒットのない試合は、初めてみましたね。

それでも、12ラウンドにようやくパーカーのパンチがヒットします。

ロープに詰めて、フューリーのカウンターに合わせるように右をオーバーハンド気味にヒット。

f:id:stonemeintothegroove:20171102101229j:plain

(フューリーのカウンターも当たっていますが、パーカーのパンチの方が威力があります)

同じようなパンチが3発ぐらいヒットしたと思います。しかし、フューリーはほぼ効いたそぶりを見せず、パーカーのパンチも見た目ほど威力はなさそうです。

 

結局、大きな山場もなく12ラウンドが終了しました。

驚いたのはフューリー側のコーナーです。まるで勝ったような喜びようです。

まあ、見ようによっては、フューリーが試合をコントロールしてたようにもとれますが、いくら何でもこんなボクシングで勝てるわけありません。

ちなみに私の採点は117-111でパーカー。

公式ジャッジは2-0(114-114、118-110,118-110)でパーカーの防衛成功です。

ヒューイはタイソンをさらに消極的にディフェンシブしたような、もう二度と見たくない、カスみたいなボクサーでした。

しかし、パーカーのパンチも湿っていましたね。パワーはあると思いますが、攻撃がワンパターンで、パンチにキレが感じられません。

アンソニー・ジョシュアやデオンテイ・ワイルダーに比べるとかなり見劣りましすね。