わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

生き残りをかけた英国タイトルマッチはまさかの劇的KO決着 ジョシュ・ウェイルVSドン・ブロードハースト

▼最新記事

ジョシュ・ウェイル(イギリス)VSドン・ブロードハースト(イギリス)

 

英国バンタム級タイトルマッチ(2017年9月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20171031112711j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171031112716j:plain

(出典:WOWOW)

ウェイルはこれが初防衛戦です。

35戦24勝11KO9敗2分け、29歳。まさにたたき上げのチャンピオンという感じですね。

解説の浜田さんいわく「負けながら強くなってきた選手」。

挑戦者のブロードハーストは、元英連邦S・フライ級チャンピオンで、元世界ランカーでもあります。

23戦19勝4KO3敗1分け、33歳。しかし、これだけKO率の低い選手も珍しいですね。

 

英国のタイトルマッチは12回戦で行われます。お互いパンチ力はなさそうですから、間違いなく判定決着、それも恐ろしい凡戦が予想されましたが…

 

間違いなく2人とも世界は無理

170㎝んチャンピオンに対して。ドンは159㎝しかありません。

1階級は違う感じですね。

しかし、前に出て積極的に手を出すのは、ウェイルで、背の低いドンは、むしろ距離を取ってボクシングをするアウトボクサーです。

お互いに言えることは、ガードが甘いことですね。ディフェンスはお世辞にもうまいとはいえません。これでは世界は無理でしょうね。

イギリスは一般的に、当て勘はよくないですが、ガードは堅いボクサーが多いと思いますが、この二人は逆ですね。

一見、ディフェンスがよさそうに見えたドンは、1ラウンドに早くもウェイルの右フックをもらい、ぐらつきました。

f:id:stonemeintothegroove:20171031113323j:plain

(ウェイルの大振りの右フックをまともにもらうドン)

 

中盤にドンが盛り返す

序盤は完全にチャンピオンがペースを握り、手数でドンを圧倒していました。

このまま最終ラウンドまで押し切るような展開に見えましたが、4ラウンドにチャンピオンがペースダウン。

ドンのフットワークが良くなり、距離を取ってパンチをヒットするようになりました。

完全にペースが逆転した感じです。

 

後半はチャンピオンが体力で押し切る

スタミナが切れたように見えたウェインが、後半からまた強引に前に出て、パンチを放つようになりました。

距離をとれない挑戦者は、少しずつ苦しい展開になってきます。

ウェイルが体力に任せて、強引に接近し、パンチをヒットします。

チャンピオンもかなり消耗していますが、挑戦者は明らかにダメージが蓄積してきています。

 

アッと驚く右ストレートカウンター

お互い消耗が激しく、もみ合うシーンが多くなってきて、どうやらこのままチャンピオンが押し切るかに思えた11ラウンド。

ドンの右に合わせて打った、ウェイルの右ストレートがカウンターでヒットしました。

疲れたところへ、見事なタイミングでもらったカウンターは、さすがに効いたようです。ダウンした瞬間に「立てないだろう」と思いました。

f:id:stonemeintothegroove:20171031114948j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171031114954j:plain

(抜群のタイミングで右ストレートがカウンターでヒット。ドンは仰向けにダウン)

まさかこの対戦でKO決着はないだろうと、のんびり観戦してただけに、衝撃的なKO劇でした。

ウェイルはWBC34位ということですが、この勝利で少しはランキングを上げてくるかもしれません。が、せいぜい30位以内がこの選手の限界でしょう。

ちなみに、日本のバンタム級チャンピオンは赤穂亮です。こちらはIBFで12位、wBOでは6位にランクしています。

しかし、こちらも世界戦で負けて以降、精彩を欠いています。とても世界を狙える状態ではありませんね。

 

www.boxing-blog.com