わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

全勝対決はダウンを奪ったヒルベルト・ラミレスが逃げ切る VSジェシー・ハート

▼最新記事

ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)VSジェシー・ハート(アメリカ)

WBO世界S・ミドル級タイトルマッチ(2017年9月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20171024112612j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171024112621j:plain

(出典:WOWOW)

ラミレスは35戦全勝24KO、26歳のサウスポーです。

これが2度目の防衛戦ですが、楽勝が続いたラミレスとっては、真価を問われる一戦となりそうです。

 

www.boxing-blog.com

 

ハートは22戦全勝18KO、28歳。WBO1位のトップコンテンダーです。

こちらも全勝。ラミレスは189㎝の長身ですが、ハートも190㎝あります。

長身、全勝対決です。

 

 

ハートがまさかのダウン

ラミレスはいつものように前に出てプレッシャーをかけます。

ハートは下がりながら、ラミレスの攻撃を捌き、右アッパーをカウンターでヒットしました。

パンチのスピードは、ハートの方が上ですね。

ラミレスはいつよりエンジンのかかりが遅いですね。

 

ところが、2ラウンドにラミレスが右フックを放ち、ハートがダッキングしたところへ、ラミレスの左アッパーがヒットしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171024123151j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171024123205j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20171024123238j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171024123254j:plain

(この左アッパーが見た目以上に効いたようです)

体勢を崩し、スリップダウンのような感じでハートが倒れましたが、どうやらこのアッパーが効いたようです。スリップではありません。

辛うじて立ってきたハートですが、足の動きがおかしいですね。バタついています。

かなりダメージがあるようです。

ラミレスが連打で攻め立てますが、ちょっと攻撃が雑で、結局、この回はハートに逃げ切られました。

 

ローブローの中断でハートが蘇る

3ラウンドに入っても、ハートの動きは悪く、ラミレスの連打にさらされます。

しかし、この時、ラミレスがとんでもないローブローを放ち、試合が中断されます。

この中断でハートの足の動き、パンチのスピードがかなり戻ってきました。

しかし、ラミレスのプレッシャーは4ラウンドになってさらに強くなり、手数もクリーンヒットも増えてきました。

そして、ラミレスのボディブローで、明らかにハートがペースダウンしました。

 

中盤は完全にラミレスのペース

プレッシャーを強めて、連打を浴びせるラミレスに対して、完全に押され気味のハートは、時折、右のカウンターをヒットさせますが、ペースは完全にラミレスが握っています。

ハートのパンチは単発で、手数ではラミレスが圧倒。ハートにとってはかなり苦しい展開です。

このまま、ラミレスがいつものように押し切り、大差判定。ひょっとしたら、ボディブローがかなり効いているようですので、KOチャンスもあるのでは、と思いました。

 

終盤はハートが盛り返しラミレスがピンチに

9ラウンドあたりから、ハートが前に出てボクシングをするようになりました。

セコンドから、はっぱをかけられたのでしょうね。

プレスの強いラミレスに後半は反撃を許しましたが、10ラウンドに入ると、打ち疲れか、ラミレスが少し失速します。

手数が減ったところへ、ハートの右アッパーがヒットし、ラミレスの動きが完全に止まるシーンもあり、明らかにペースがハートに移った感じです。

f:id:stonemeintothegroove:20171024123437j:plain

(終盤はハートの右アッパーが何度もラミレスの顎をとらえます)

そして、今まで打たなかったハートの左アッパーがラミレスの顎をとらえると、今度はラミレスがピンチに陥ります。

最終回もハートの攻勢が続き、ラミレスの動きにはダメージが明らかに見られます。

終盤、ハートが強引にラミレスをロープに詰めて、連打を放ちますが、そこへラミレスのカウンターがヒットし、今度はハートがピンチに。

しかし、そこで、試合終了のゴングが鳴りました。

 

 

 

 

 

いや~大激戦でしたね。あっさりハートがダウンした時は、すぐに終わるのかなと思いましたが、さすが全勝のトップコンテンダーですね。ハートもそう簡単には負けません。

 

ジャッジは3-0(115-112、115-112、114-113)で、ラミレスが2度目の防衛に成功しました。

ハートにとっては2ラウンドのダウンが痛かったですね。

この二人、再戦したらわからないですよ。