わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

イギリスのホープ2人は全くイギリス人らしくないハードヒッター ダニエル・デュボア(DDD?)&アンソニー・ヤード

▼最新記事

ダニエル・デュボア(イギリス)VSA・J・カーター(イギリス)

ヘビー級10回戦(2017年9月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20171018085903j:plain

(出典:WOWOW)

デュボアは、アマチュアで75戦のキャリアがあり、4戦全勝4KO、20歳のホープです。あだ名はDDD?(ダイナマイト・ダニエル・デュボア)。GGGに対抗していますね。前WBCユースヘビー級チャンピオンです。

身長194㎝は、今のヘビー級ではそれほど大型とはいえませんが、パワーとスピードは一級品です。

カーターは11戦8勝6KO3敗、193㎝。

いかにもアンダードッグ(かませ犬)という感じですね。

 

 

開始30秒で倒す

ゴングが鳴ってわずか30秒。デュボアが放った右クロスがヒットし、いきなりカーターがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171018092511j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171018092523j:plain

(抜群のタイミングで決まった右クロス。)

なんとか立ち上がってきたカーターですが、DDDの猛攻が待っていました。多少雑な連打でしたが、またもや右ストレートがカーターの顎をとらえ、2度目のダウン。

 

f:id:stonemeintothegroove:20171018092914j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171018092926j:plain

(またもや右ストレートがヒット。カーターはたまらずダウン)

このまま負けるわけにはいかないかませ犬は、また立ってきました。

しかし、残念ながら、DDDの狙いすました右ストレートが待っていました。

f:id:stonemeintothegroove:20171018093253j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171018093318j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171018093552j:plain

(見事なワンツーストレートでフィニッシュ。さすがにこれは立てない)

デュボアはこれで、5戦全勝5KO。さてこのDDD、第二のアンソニー・ジョシュアになれるでしょうか。

 

アンソニー・ヤード(イギリス)VSノルバート・ネメサバティ(ハンガリー)

ライトヘビー級10回戦(2017年9月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20171018100456j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171018100502j:plain

(出典:WOWOW)

ヤードは12戦全勝11KO,26歳。こちらのホープはすでにWBO8位にランクしています。ただいま、10連続KO中です。

ネメサバティは31戦25勝18KO6敗。元WBOユースライトヘビー級チャンピオンです。

 

どちらがホープか一目瞭然

リング上で対峙した二人を比較すると、筋肉の違いが明らか。

ヤードの筋肉は素晴らしい。西岡利晃さんの解説によると、ヒットマッスルというのだそうです。

かたや、ネメサバティは、お腹周りが少しゆるい感じです。こちらは、体つきがまさにアンダードッグですね。

ヤードの左フックがヒットすると、早くもネメサバティがぐらつきます。

ヤードはアッパーもうまいですね。

 

力の差は歴然としており、ヤードがプレッシャーをかけて前に出ると、ネメサバティは押されっぱなし。パンチも出ません。

そして、2ラウンド。

ヤードの右フック5連発で、ネメサバティが1回目のダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20171018102340j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171018102422j:plain

(コーナーに詰めて、右フック5連発)

 

立ってきたところへ今度は右フック3連発。ネメサバティが2度目のダウンを喫しました。

f:id:stonemeintothegroove:20171018102331j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171018102620j:plain

(今度は3連発)

なんとか立ってきたネメサバティは、かろうじて追撃を逃切り、ゴングに救われます。

もう、ここで止めても良かったかもしれません。

 

3ラウンドは、ガードを堅めて必死に逃げるネメサバティに、ヤードがボディブローから崩していきます。このボディがまた効いたようです。

そして、ネメサバティのガードの隙間に、ヤードのパンチがあらゆる角度から飛んできます。もう、一方的な展開です。

ネメサバティは4ラウンド開始のゴングに応えられず、ギブアップ。

 

西岡さんは「ヤードは必ず世界戦線に浮上してきますよ」。

とにかく、これで11連続KO。しかし、ライトヘビーは選手層が厚いですから、なかなか上に行くのは難しいでしょうね。