わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

S・ミドル級のホープは残念な超堅実ボクサー ケイレブ・プラントVSアンドリュー・ヘルナンデス

▼最新記事

ケイレブ・プラント(アメリカ)VSアンドリュー・ヘルナンデス(アメリカ)

S・ミドル級10回戦(2017年9月8日)

f:id:stonemeintothegroove:20171011115104j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171011115112j:plain

(出典:WOWOW)

プラントは15戦全勝10KO、25歳。S・ミドル級のホープです。

WBA7位、IBF10位にランクしています。

ヘルナンデスは27戦19勝9KO6敗1分け1NC、31歳のベテランです。

元USNBA米国チャンピオンで、元世界ランカー(WBC12位)です。

全勝のホープ、プラントに対して、解説の浜田剛史さんは「お手並み拝見、と行きましょうか」。

 

早い回で相手のパンチを見切る

プラントはディフェンスに自信があるのか、かなりガードは低めです。左ジャブも少し突き上げるような独特の打ち方をします。

序盤は相手との合間を測るように、慎重なボクシングでしたが、3ラウンドはかなり強めの右ストレートを何発かヒットさせます。かなり手数が増えてきた感じです。

相手のパンチも見切ったようで、ヘルナンデスのパンチをボディワークで巧みにかわします。

完全にペースを握ったように見えました。そろそろ倒しに行くかな?

 

期待を裏切る堅実派

ヘルナンデスにはこれといった武器はなさそうですが、さすがに歴戦のつわもの、かなりガードを堅めてプラントの連打を許しません。

プラントもいいパンチをヒットさせるのですが、そのあとが続きません。

ボディブローを突破口に、少し強めに出て、いよいよ倒しに行くか、と期待すると、パタッと追撃をやめてしまいます。いや~慎重ですね。決して無理をしません。

同じような展開がずっと続き、さすがに見ている方は退屈してきました。

いけない、少し眠気が…

 

ヘルナンデスは倒されないのが目標

まあ、これだけ守りに徹せられると、さすがに攻めあぐねます。

プラントは時折いいパンチをヒットしますが、ヘルナンデスが追撃を許しません。

プラントも決して無理をしません。

10ラウンドのゴングが鳴ると同時に、なんとヘルナンデスが両手を上げて、まるで勝者のようにふるまっていましたが、どうやら判定まで粘ったことに対する喜びの表現だったようです。情けないですね。

 

判定は3者ともフルマークの100-90で、プラント。

プラントは随所にいいパンチを放ち、ディフェンスも巧みで、目もいい。でも、これでは人気は出ないですね。

ジョー小泉さんが「コンビネーションでもっと積極的に攻めるか、決め手になるパンチを磨くことが必要」と、言ってましたが、まさにその通りだと思います。

右のオーバーハンドは、十分相手にダメージを与える威力がありそうですし、ディフェンス勘も抜群です。残念な堅実ボクサーです。