わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

4団体統一世界戦 S・ライト級全勝対決 テレンス・クロフォードVSジュリウス・インドンゴ

▼最新記事

テレンス・クロフォード(アメリカ)VSジュリウス・インドンゴ(ナミビア)

4団体統一世界S・ライト級タイトルマッチ(2017年8月19日)

f:id:stonemeintothegroove:20171006144253j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171006144304j:plain

(出典:WOWOW)

クロフォードは31戦全勝22KO、29歳。WBC、WBO世界王者。

スイッチヒッターですが、最近の試合はほとんどサウスポースタイルで戦っています。

 PFP(パウンドフォーパウンド)でも上位にランクする実力者です。「わしボク」では3位にランクしています。負けないボクシングをするという点では、引退を表明したアンドレ・ウォードに匹敵すると思います。

 

インドンゴは22戦全勝11KO、34歳のサウスポー。WBA、IBFの世界王者です。

エドゥアルド・トロヤノフスキーを初回、ワンパンチで沈めて、IBFタイトルを獲得し、さらにリッキ―・バーンズにも判定勝ちし、WBAタイトルも手に入れました。

しかし、この選手はホントに不思議なボクサーで、その実力は未だに未知数な部分があり、はっきり言って、私はそれほど強いとは思っていません。

トロヤノフスキーを倒したのは、サウスポーの強みを生かしたラッキーパンチだったと思っています。

 

全勝対決とはいえ、実績の差で、クロフォードが断然有利というのが大方の予想です。

 

互角だったのは初回だけ

 

クロフォードは、初回からサウスポースタイルでスタートしました。

身長で6㎝、リーチで3cm上回るインドンゴですが、リング上で対峙した二人にそれほど差は感じませんでした。

クロフォードは右ジャブを突いて、少しプレスをかけ前に出ますが、先に手を出すのはインドンゴ。かなり振りが大きく、当たれば怖そうなパンチですが、クロフォードはすぐにステップバックし、左のカウンターを合わせてきます。

f:id:stonemeintothegroove:20171006150230j:plain

(左フックのカウンターがヒット)

まだ、クロフォードは慎重です。

 

2ラウンドに早くもダウン

プレッシャーをかけるのはクロフォードですが、先にパンチを放つのはインドンゴです。かなり大きなスイングで、これではクロフォードにはヒットしません。

クロフォードは前に出て、インドンゴが打って来たらカウンターを合わせるという、相変わらずかなり手堅いボクシングです。チャンスが来るまで、決して自分から打って出ません。

2ラウンド中盤、振りの大きいインドンゴの体が流れ、クロフォードがボディブローをヒット。体制を崩し、バックステップしたインドンゴをさらに追いつめます。

インドンゴがダッキングしたところへ、左の打ち下ろしをヒットし、早くもダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20171006150250j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171006150732j:plain

(ダッキングしたインドンゴに左ストレートを打ちおろしダウンを奪います)

しかし、インドンゴにそれほどダメージがないとみると、クロフォードは決して無理をしません。

 

カウンターのボディブローで沈める

 

クロフォードがプレッシャーをかけて前に出ると、大きなスイングでインドンゴが先に打ってきます。初回から、全く同じパターンです。

そしてインドンゴが大きな振りでパンチを放った来たところへ、クロフォードが見事なボディブローをカウンターでヒットしました。

そして、とどめの返しの右ボディブローを放つと、インドンゴはたまらずダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20171006152540j:plain

(インドンゴのパンチをかわし、左ボディブローをカウンターでヒット)

 

f:id:stonemeintothegroove:20171006152438j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171006152710j:plain

(返しの左ボディがみぞおちにヒット)

 

f:id:stonemeintothegroove:20171006152453j:plain

 (苦しそうにダウンするインドンゴ)

レフリーは珍しくテンまでカウントし、クロフォードが圧倒的な強さで、4団体統一王座を獲得しました。

インドンゴの化けの皮が少しはがれた感じです。

勝ったクロフォードは、IBFのタイトルを返上しました。

どうやら、ウェルター級へ階級を上げ、ジェフ・ホーンとマニー・パッキャオの勝者と対戦するつもりだったようです。

しかし、パッキャオのスケジュールが合わず、ホーンは、10位のゲーリー・コーコラン(イギリス)と防衛戦を行うようです。

さて、クロフォードはどうするのでしょうか。目が離せませんね。