わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

皆さん、こんなボクサーは好きですか?ウクライナ式ボクシング?「わしボク」は結構好みです  オレクサンダー・グボジークVSクレグ・ベイカー

▼最新記事

オレクサンダー・グボジーク(ウクライナ)VSクレグ・ベイカー(アメリカ)

ライトヘビー級10回戦(2017年8月19日)

f:id:stonemeintothegroove:20171005150718j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171005150730j:plain

(出典:WOWOW)

グボジークは13戦全勝11KO。NABF・NABO北米ライトヘビー級チャンピオン。

WBC2位、WBA3位、IBF5位、WBO3位とすべての団体で上位にランクしています。

 

www.boxing-blog.com

 

ベイカーも18戦17勝13KO1敗と戦績では引けを取りません。

 

 

ウクライナ式ボクシング?

初回こそお互い距離の探り合いで、グボジークが軽いフットワークで左ジャブを突きます。ベイカーも意外と長いジャブで対抗し、ワンツーをヒットします。

しかし、2ラウンドからはベイカーのパンチを見切ったのか、ベイカーの機先を制するようにグボジークはポンポンと軽いパンチをヒット。まるでマスボクシングのようなパンチです。

どこかで見たな~

あっ、ロマチェンコか!

とにかく手数が多く、ベイカーにパンチを打たせる暇を与えません。

そして、時折強めの右ストレートを打ち込みます。

これがウクライナ式ボクシングなのかな?

どうも、ジョー小泉さんはこのボクシングは嫌いのようですね。

 

ベイカーにボクシングをさせない

ロマチェンコと一緒ですね。とにかくポンポンと軽いパンチをヒットさせ、ベイカーが前に出ると、軽いフットワークでかわし、ベイカーのパンチはほとんどグボジークに届きません。

完全にパンチを見切られたベイカーは、前に出るものの、先にグボジークのパンチが飛んでくるのでほとんど手が出ず、防戦一方に追いやられます。

そして、少しずつ、強めの右ストレートが増えていきます。

 

最後は右ストレートで仕留める

何度も試し打ちした右ストレートは、もうタイミングがばっちり。

今までで一番強い右ストレートをベイカーの顎に打ち込み、ベイカーは大きく対戦を崩し、ロープに詰まります。

f:id:stonemeintothegroove:20171005152603j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171005152613j:plain

(グボジークの強烈な右ストレートでベイカーは大きく体勢を崩します)

そして、渾身の右打ち下ろしがベイカーの顎を打ち抜きました。こんなパンチをまともにもらったらたまりません。ベイカーは崩れるようにダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20171005152826j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171005152833j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20171005152854j:plain

(強烈な右打ち下ろし)

なんとか立ってきたベイカーですが、グボジークがコーナーに詰めて滅多打ちすると、すぐにレフリーが割って入りました。

f:id:stonemeintothegroove:20171005153043j:plain

5ラウンドまではスパーリングで、はっきり言って退屈な展開です。

でも、6ラウンドは見応えがありました。重量級の醍醐味が味わえました。

皆さん、こんなボクサーはいかがですか?

前回のチレンバ戦より、さらにロマチェンコ式ボクシング色が強くなりましたが、どうも実力の分かりにくい選手ですね。

私は、クルーザー級のオレクサンダー・ウシクよりは、グボジークの方が好きですね。