わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ちょっと物足らないアメリカのホープ二人 マイク・リード&シャクール・スティーブンソン

▼最新記事

マイク・リード(アメリカ)VSロバート・フランケル(アメリカ)

S・ライト級10回戦(2017年8月19日)

f:id:stonemeintothegroove:20171004114200j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171004114211j:plain

(出典:WOWOW)

マイク・リードは22戦全勝12KO、24歳。WBO10位。

こちらのホープは完成度も高く、スキル的には問題ないのですが、戦績から見てもわかるように、パンチ力が物足りません。

フランケルは53戦35勝7KO17敗1分け、37歳。USNBC米国S・ライト級と、まあよくわからないタイトルの元チャンピオンだったようです。

こちらは戦績からも一目瞭然の、いわゆるアンダードッグ(かませ犬)ですね。

試合の見どころは、リードが何ラウンドで倒すか、だけでしょう。

 

リードの独擅場で始まったが

サウスポーのリードが右ジャブを突いて前に出ます。そしてコンパクトな左ストレートをヒット。早くもフランケルは押され気味です。

f:id:stonemeintothegroove:20171004115700j:plain

(面白いようにリードの右ストレートがヒット)

2ラウンドにはフランケルのパンチを見切ったリードが、好き放題にパンチをヒットします。

 

早いな、これは。と思ったのですが、フランケルは意外としぶとく、アンダードッグの意地を見せます。

 

後半もリードが滅多打ち

 

後半になってもリードの攻撃は容赦なく、ほぼ滅多打ち状態です。

いつストップになってもおかしくない展開ですが、リードには決定的なパワーパンチがなく、フランケルも徹底して守りを固めます。

結局、同じような展開が最終回まで続き、やや疲れたリードの攻撃がだんだんと雑になり、最後まで倒すことが出来ずにゴング。

 

判定はジャッジ3人とも100-90のフルマークで、リードの判定勝ち。

リードは168㎝とS・ライト級としてはやや小柄で、それをスピーディな動きでカバーしていますが、右のパンチをもっと強く打ち抜くか、左フックのカウンターなどに磨きをかけないと、世界を狙うにはちょっと決定力がなさすぎますね。

 

シャクール・スティーブンソン(アメリカ)VSダビド・パス(アルゼンチン)

フェザー級6回戦(2017年8月19日)

f:id:stonemeintothegroove:20171004120031j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171004120046j:plain

(出典:WOWOW)

スティーブンソンは2戦全勝1KO、20歳。リオ・オリンピックの銀メダリストです。

前回の試合では、積極的に攻め快勝し、オリンピアンの能力の高さを見せつけましたが、さて今回はどうでしょうか。

 

www.boxing-blog.com

 

パスは8戦4勝3敗1分け。アメリカで相手が見つからないので、アルゼンチンからわざわざ連れてきたのでしょうか。

 

距離感と反射神経は抜群

2ラウンドまでは相手の様子を見て、自分の距離をしっかりキープしていました。

相手が出てくれば素早くバックステップし、自分の距離でカウンターを狙います。

3ラウンドぐらいから、パスのパンチを完全に見切ったようで、少し距離を詰めパスのパンチはボディワークでかわすようになりました。

4ラウンドに左ストレートがヒットし、パスが体勢を崩しましたが、今日のスティーブンソンはあまり無理をしません。

f:id:stonemeintothegroove:20171004153049j:plain

(左ストレートがクリーンヒットし、パスが体勢を崩す)

 

この日のスティーブンソンはカウンターパンチャー

前回の試合では、積極的に自分から攻めて、KOを奪いましたが、この日は手数も少なく、あまり自分から仕掛けていきません。

タイミングよくパンチをヒットさせ、ダウンを奪いましたが、それほどダメージを与えた感じはありません。

 

f:id:stonemeintothegroove:20171004153055j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171004153231j:plain

(パンチはヒットしていますが、パスがバランスを崩してダウンした感じでした)

最終回に少し手数を増やし、前に出ますが、どうも今一つコンビネーションブローが決まらず、不完全燃焼で試合終了。

 

判定はジャッジ3者とも60-53のフルマークで、スティーブンソンが判定で勝利。

もう少し積極的でパワフルなボクシングを期待したいですね。この日はカウンター狙いで、自分からボクシングを組み立てられていませんでした。

パスのような相手でこんなボクシングは、ちょっといただけません。