わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

フィリピンのホープ、パッキャオの再来がアメリカで2勝目を飾る ロメロ・ドゥノVSファン・パブロ・サンチェス

▼最新記事

ロメロ・ドゥノ(フィリピン)VSファン・パブロ・サンチェス(メキシコ)

ライト級8回戦(2017年9月24日)

f:id:stonemeintothegroove:20170926150140j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170926150150j:plain

(出典:WOWOW)

ホルヘ・リナレスVSルーク・キャンベルのアンダーカードで登場したドゥノは、フィリピンではパッキャオの再来と期待されているホープです。

15戦14勝13KO1敗、21歳のハードパンチャー。OPBFS・フェザー級3位にランクされています。

KO率はなんと86.7%。もちろん、対戦相手の質によりますが、陣営としては相当自信を持っているようです。

前回のアメリカデビュー戦で、全勝のホープ、C・ゴンザレスに2RKO勝利をおさめ、今回はセミファイナルに抜擢されています。

 

 

サンチェスは44戦30勝14KO13敗1NC。戦績から推測すればドゥノの「かませ犬(アンダードッグ)」という感じがしますね。

しかし、ジョー小泉さんの情報によりますと、なかなかタフな選手のようで、そう簡単に倒せる相手ではなさそうです。

 

序盤はドゥノの独擅場

話は逸れますが、最近読んだ本で初めて知ったのですが、独壇場というのは厳密に言うと間違いで、「独擅場」が正しい言葉だそうです。ただ、日本語というのは少しずつ変わっていくもので、今や圧倒的に「独壇場」を使う人が多いですね。私もその一人でした。

 

閑話休題。

ドゥノはきびきびして、いい動きをしますね。あっという間にプレッシャーをかけて、サンチェスを追い込みます。

スピード感はそれほどありませんが、いかにもパンチが重そうです。

しかし、サンチェスも単なるかませ犬ではなさそうです。ドゥノが少しでも隙を見せれば、すぐにパンチを打ち返してきます。

特にロープに詰まりそうになると、必ず反撃してきます。決してパワー負けしていません。

2ラウンドに入ると、さらにドゥノはプレシャーを強め、パワフルなパンチを打ちこんできます。ただ、少し攻めが単調で打ち方も雑な感じがしますね。

サンチェスはボディワークが巧みで、ディフェンスもうまいし、なかなかクリーンヒットを許しません。

見た目には、ドゥノが圧倒している感じですが、サンチェスはパンチをうまく殺し、ダメージを最小限にとどめています。

 

少しずつ攻めあぐねるドゥノ

ドゥノはどうも攻めが単調で、パワフルなパンチを打ちこむ割には、クリーンヒットが少なく、サンチェスに読まれている感じで、打ち終わりに必ずパンチを返されます。

後半からようやくボディブローを交え、上下の打ち分けでサンチェスを追い込みます。

6ラウンドは明らかに倒しに来ましたが、サンチェスの堅いガードをなかなか打ち破ることが出来ず、攻めあぐねるシーンが多くなってきました。

 

終盤少し失速したドゥノ

5~6ラウンドにかなり強めにパンチを打ちこんだドゥノ。さすがに7ラウンドは少し失速し、手数が減ります。

すると、ベテランのサンチェスが攻勢に出ます。大振りのサンチェスの派手なパンチををもらうシーンもあり、下がりながらもコンパクトにパンチを返すドゥノですが、少し見た目は劣勢になりつつあります。

恐らく終盤の2ラウンドは、サンチェスにポイントを奪われたと思います。

それでも、全体的にはドゥノの圧勝という感じで、危ないシーンは全くなく、ペースは最後まで譲りませんでした。

 

ジョーさんは80-72でしたが、ジャッジは3人とも78-74でドゥノ。

課題はたくさんありますが、才能は間違いなく一級品だと思います。

恐らく来年には世界ランクに登場してくるでしょうね。