わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ホルヘ・リナレスVSルーク・キャンベル WBA世界ライト級タイトルマッチ リナレスが2Rにダウンを奪いましたが、後半大苦戦の末、2-1で辛くも防衛成功

▼最新記事

ホルヘ・リナレス(ベネズエラ・帝拳)VSルーク・キャンベル(イギリス)

WBA世界ライト級タイトルマッチ(2017年9月24日)

f:id:stonemeintothegroove:20170925100209j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170925100219j:plain

(出典:WOWOW)

 

リナレスは45戦42勝27KO3敗、32歳。

これで3回連続イギリス人との対戦となりますね。アメリカ開催なのが救いです。

キャンベルは18戦17勝14KO1敗、29歳。長身のサウスポーです。

 

www.boxing-blog.com

KO率は結構高いですが、それほどパンチ力があるとは思えません。

危険な相手ではないと思いますが、長身のサウスポーというのが難点ですね。やりにくそうですし、噛み合わないような感じがします。

イギリス人にしてはそれほどガードが堅い感じもなさそうですし、早い回からエンジン全開で強引に距離を詰めれば、あっさりKOもあり得る気がします。

キャンベルの距離で戦い、終盤まで粘られると厄介かもしれません。

 

試合経過)

アンダーカードで、フィリピンのホープ、ロメロ・ドゥノが登場しました。

14勝13KO1敗のハードパンチャーです。KOを期待しましょう!

 

この後がリナレスです。まだ、これからバンデージを巻くところですね。

ウォーミングアップを始めました。私があんな体操したら、疲れてしまって、しばらく動けなくなりそうですよ。(11:25)

 

ドゥノの相手のサンチェスは、単なるアンダードックではないですね。ペースは握っていますが、かなりてこずっています。

ドゥノは、素質は素晴らしいものを持っていますが、ボクシングが雑ですね。まだ、これからの選手です。3-0(78-74)でドゥノの判定勝ちです。

 

控室の表情では、キャンベルがかなり緊張している感じがします。

 両者、リングインです。やっぱりキャンベルは表情が硬いですね。リナレスは気合が入っている感じです。

1R)

キャンベルの右ジャブがうるさいですね。リナレスが前に出ます。

リナレスが距離を詰めていますね。

2R)

リナレスがプレスをかけます。それにしてもキャンベルは大きいですね。

リナレスが踏み込んで右パンチをヒットし、ダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20170925100310j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170925100322j:plain

(踏み込みのスピードで倒したリナレスらしいダウンです)

ダメージはなさそうですが、追撃のリナレスのボディブローがいいですね。

3R)

リナレスのボディブローが上手いですね。スピードでリナレスが上回っています。

キャンベルはリナレスの打ち終わりに、左ボディブローを狙っています。

4R)

キャンベルはボディが上手いですね。キャンベルの右目の下が腫れています。

f:id:stonemeintothegroove:20170925100520j:plain

(このボディブローで肋骨を痛めたのかな)

キャンベルが、少し自分のペースを取り戻しきたようです。

5R)

キャンベルの目の傷はあまり影響はなさそうです。

キャンベルの手数が増えてきました。少し盛り返してきました。

6R)

 キャンベルの手数が植えています。キャンベルの右がヒット。

リナレスは少しペースダウン。キャンベルはパワーがありますね。

7R)

どうもキャンベルのペースになってきたような感じがします。不味いですね。

そして、リナレスのパンチがヒットしなくなってきました。キャンベルはディフェンスが上手いですね。

8R)

キャンベルの右が邪魔ですね。リナレスは中に入れなくなってきました。

しかし、リナレスの右が久しぶりにヒット。この回はリナレスの動きが少し良くなってきました。

9R)

リナレスのパンチがまたヒットし出しました。動きはよくなってきました。

しかし、キャンベルの懐は深いですね。

お互いに打ち終わりのカウンターを狙っています。

最後にキャンベルの連打がヒット。

判定はかなり微妙になってきましたね。

10R)

キャンベルの手数がまた増えてきました。

パンチのスピードはリナレスですが、回転はキャンベルの方が速いですね。

キャンベルのパンチはクリーンヒットしていませんが、どうもリナレスの打たれた時の見栄えがが悪い感じがします。

11R)

後半は手数に勝るキャンベルがポイントを取っていますね。

しかし、お互いこの回は手数が少ないですね。

キャンベルはポイントでリードしてると判断し、逃切りに入った感じです。

12R)

リナレスが積極的に出てきました。

リナレスの右フックがクリーンヒット!キャンベルが少しぐらつきました。

f:id:stonemeintothegroove:20170925100621j:plain

(このパンチは結構ダメージがありました)

リナレスの攻勢が続きます。

この回もキャンベルの動きが少し悪いですね。

 

キャンベルは予想以上に難敵でした。やはりリナレスは長身のサウスポーにてこずりました。

判定は2-1(113-115、114-113、115-112)でリナレスの防衛成功です。

リナレス、大苦戦でした。

ビッグマッチ(マイキー・ガルシア、ワシル・ロマチェンコ、テリー・フラナガン)

を望んでいるようですが、今日の出来では実現はかなり難しい感じがします。

試合終了後の情報によりますと、4ラウンドにリナレスはろっ骨を痛めたようです。

確かにそのあとしばらく動きに精彩を欠き、キャンベルにペースを握られましたが、全くそんなそぶりを見せずに、終盤に反撃した根性には頭が下がります。