わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

オスカー・デラホーヤの秘蔵っ子 ジョセフ・ディアスが大差判定勝ち VSラファエル・リベラ

▼最新記事

ジョセフ・ディアス(アメリカ)VSラファエル・リベラ(メキシコ)

WBC世界フェザー級タイトル挑戦者決定戦(2017年9月17日)

f:id:stonemeintothegroove:20170921091238j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170921091248j:plain

(出典:WOWOW)

この試合は、ゴロフキンVSカネロのセミファイナルとして行われました。

ジョセフ・ディアスは24戦全勝13KO、24歳のサウスポー。

WBC2位をはじめ、各団体で上位にランクしています。

オスカー・デラホーヤのゴールデンボーイプロモーションの金の卵です。

人気は抜群にあるようですが、私の好きなタイプのボクサーではありません。

 

www.boxing-blog.com

 

一方のリベラは28戦25勝16KO2分け、1NC、23歳。こちらも無敗です。

対戦予定だったホルヘ・ララがけがをしたため、急きょピンチヒッターとして起用されました。

世界ランク15位には入ってませんが、このお試合に勝てば世界戦への切符を手にすることが出来ます。

 

 

序盤はディアスが圧倒

公式発表では、ディアスが165㎝、リベラが169㎝となっていますが、リング上で対峙した感じでは、ディアスが一回り大きく見えます。

初回からディアスがプレッシャーをかけ、パワフルな左オーバーハンドをたたきつけます。

f:id:stonemeintothegroove:20170921093135j:plain

(カウンターで打つ左ストレートはコンパクトできれいにヒットしていました)

ディアスは攻撃が単調ですね。

右ジャブで追い込み、左ストレーを打ち込み、相手が打ち返した来たところへ、返しの右フックをカウンターを放ちます。

むしろ、この右フックの方がスピードがあり、パンチに切れがある感じがします。

 

中盤はぺレスの右カウンターを警戒

序盤、押され気味だったリベラが中盤から、少し荒っぽい右カウンターで反撃してきます。

 

リベラの右は、ディアスの左よりパンチがありそうです。

強引にプレッシャーをかけていたディアスも、このパンチを警戒し、少し手数が減ります。しかし、ペースは依然、ディアスが握っています。

リベラの右が当たれば面白い展開になっていたでしょうが、ディアスは手堅いですね。

ディアスは、巧みなボクシングでリベラのパンチを封じ、パンチを見切った後半から、ボディブローでリベラを弱らせます。

 

倒しに行ったが粘られる

9~10ラウンドはボディが効いてガードが下がったリベラに連打を浴びせ、一方的な展開になりましたが、いかんせんディアスはパンチ力が今一つですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170921093220j:plain

(左アッパーカットも再三ヒットしていました)

決定的なダメージを与えることが出来ません。

左のオーバーハンドは少し力みすぎて、逆にパンチにキレがなくなっているような気がします。

何とかダウンを奪おうと必死に攻めますが、リベラは打っても打っても倒れません。

ディアスのパンチ力のなさは致命的ですね。

 

判定は3-0(119-109、119-109、120-108)でディアスが大差をつけて挑戦権を獲得しました。

 WBC王者はゲイリー・ラッセルです。

 

www.boxing-blog.com

 

私はこのラッセルも大して評価していません。判定決着は間違いないでしょうが、安定感でディアスかな。

出来ればラッセルが思い切った勝負に出て、ディアスを倒してほしいのですが、恐らくディアスにペースを握られ、空回りしそうな気がします。