わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)小國以載VS岩佐亮佑 IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ 岩佐が6R、TKOでタイトルを奪取

▼最新記事

小國以載(角海老宝石)VS岩佐亮佑(セレス)

IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ(2017年9月13日)

f:id:stonemeintothegroove:20170914160513j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170914160520j:plain

(出典:毎日放送)

 小國は日本のボクシングファンを「あっ」と言わせて世界タイトルを、ジョナタン・グスマンから奪い取りました。

21戦19勝7KO1敗1分け、29歳。オーソドックススタイル。

「勝っても負けてもこれが最後」と試合前に引退を公言しています。

 

一方の岩佐は「才能だけなら日本一」と、「わしボク」に言わせながら、なかなか世界に手が届きません。

25戦23勝15KO2敗、27歳のサウスポー。2敗はいずれもKO負けというのが、やはり岩佐の弱点でしょうね。

岩佐がその力を完全に発揮すれば、圧勝すると思いますが、小國は見た目以上に戦略に長けています。どちらがペースを握るかが勝負の分かれ目となると思います。

IBFは当日計量がありますが、早朝なのでそれほど意味があるとは思えませんね。

どうせやるなら、試合直前にするべきですよ。

たしか、約1キロほど岩佐が重かったと思いますが、試合まで結構時間がありますからね。

 

それにしても、田中恒成は大苦戦でしたね。傷口がひどくなればあわやTKO負けの大ピンチでいたからね。

 

試合経過)

1R)

11年ぶりの対決。

お互い、ボディブローを狙っています。

おっと、岩佐の左で小國があっさりダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170914160622j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170914160725j:plain

(きれいに左ストレートがヒットしてます。意外とダメージがあったかもしれません)

 

2R)

距離は岩佐が先につかんだ感じです。

小國もダメージはさほどなさそうに見えます。しかし、まだ小國は距離が合わないか。

岩佐の左がヒットし、また小國がダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170914160850j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170914160859j:plain

(小國はどうも岩佐の左ストレートが当たる位置にいますね)

そして、さらにまた左ストレートで2度目のダウンです。

f:id:stonemeintothegroove:20170914161036j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170914161050j:plain

(岩佐の左ストレートがことごとくヒットします)

小國は岩佐の左が見えていない感じです。ダメージも引きずっていますね。

3R)

岩佐は左のタイミングを完全つかんでいますね。

しかし、岩佐は少し左を狙いすぎかな。でも落ち着いて左を狙ってる感じもします。

小國はまだパンチの距離が合っていないですね。

ちょっと、一方的になってきたか。

4R)

小國の動きが悪いですね。岩佐の左右パンチをもらいます。

しかし、終盤、小國が歯を食いしばって打ち返します。

岩佐減点1

5R)

小國も反撃します。岩佐は少し距離を取ります。小國がボディを狙います。

岩佐の手数が減りました。岩佐が少しペースダウンしました。

6R)

岩佐の左右パンチがヒットしました。

小國の口からかなりの出血です。しかし小國も根性で反撃します。

小國は顎を骨折したかもしれません。ちょっと出血がひどいですね。

おっと、レフリーがドクターチェックを要請します。

f:id:stonemeintothegroove:20170914161226j:plain

(ドクターチェックです)

やはり、ストップです。

f:id:stonemeintothegroove:20170914161306j:plain

(この出血ではストップも仕方がないですね)

岩佐のTKO勝ちで、タイトルを奪取しました。

初防衛の相手に、この日、再起第二戦をKOで飾った和氣慎吾が名乗りを上げましたが、岩佐は日本人対決を歓迎していないようです。

小國は引退の意向を表明しています。