わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ブライアン・ビロリアのハワイアンパンチがさく裂し、久しぶりに快勝 VSミゲール・カルタヘナ

▼最新記事

ブライアン・ビロリア(アメリカ)VSミゲール・カルタヘナ(アメリカ)

S・フライ級8回戦(2017年9月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20170911120607j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170911120626j:plain

(出典:WOWOW)

この日、まず最初に登場したのは、「ハワイアンパンチ」ブライアン・ビロリアです。

 

ビロリアは現在WBOフライ級3位。43戦36勝22KO5敗2NC。

カルタヘナはWBOフライ級13位。19戦15勝6KO3敗1分け、25歳。

カルタヘナは今年4月に来日して、五十嵐俊幸と対戦し、3回、偶然のバッティングで試合が中止、負傷引き分けとなっています。

 

www.boxing-blog.com

 

好不調の波があるビロリアもすでに36歳。ここで躓くと、世界トップ戦線から大きく遠のいてしまうことになるでしょうね。

 

しかし、この日のカードは豪華ですね。アンダーカードの世界ランカー対決が8回戦で、この後、WBC世界S・フライ級挑戦者決定戦、井上尚弥の防衛戦、そして、メインがシーサケットとロマゴンのリマッチと続きます。

 

動きのいいビロリア

 この日のビロリアは久しぶりに動きがよく、左の強烈なボディブローがヒットしていました。

ただ、1ラウンド終了間際にカルタヘナのパンチを不用意にもらい、膝を折る場面が見られ、まだまだ不安定な一面が顔をのぞかせます。

しかし、3ラウンドあたりからペースをつかみ、4ラウンドにはきれいな右ストレートをカウンターでヒットし、カルタヘナが大きくぐらつきました。

f:id:stonemeintothegroove:20170911120940j:plain

(この右カウンターで完全に優位に立ちました)

 

5ラウンドは勝負に出る

カルタヘナのダメージは明白で、あと一発決めればダウンを奪える状況です。

そして、下がるカルタヘナに右ストレートを叩き込み、さらに連打を浴びせたところで、レフリーが割って入りました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170911120955j:plain

(とどめの右ストレート)

f:id:stonemeintothegroove:20170911121427j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170911121436j:plain

 (カルタヘナが防戦一方になったところでレフリーがストップ)

 3月に山中慎介の世界戦のアンダーカードで登場した時は、ボディブロー以外ほとんどいいところなく、精彩を欠いた試合で、辛くも判定勝ちは拾いましたが、全盛期の出来からは程遠いものでした。

www.boxing-blog.com

 しかし、この日は久しぶりにビロリアらしいスピーディな動きで、パンチも切れていました。

S・フライ級でも十分戦えることを証明しましたが、果たして今後はどうするのでしょう。