わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

レイ・バルガスが後半のピンチをしのぎ逃げ切る VSロニー・リオス

▼最新記事

レイ・バルガス(メキシコ)VSロニー・リオス(アメリカ)

WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ(2017年8月26日)

f:id:stonemeintothegroove:20170830114603j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170830114622j:plain

(出典:WOWOW)

なんとこの世界戦が、ミゲール・コットVS亀海喜寛のセミファイナルとして行われました。

29戦全勝22KO、26歳。メキシコ期待のハードヒッターです。

ロニー・リオスは29戦28勝(13KO)1敗、29歳。WBC3位。

一発のパンチ力はないものの、パワフルな突進力で3連続KO勝利中です。

 

高柳さんは両者の身長差が9㎝、と言っていましたが恐らくリーチ差の間違いでしょう。

バルガスが179㎝、リオスが170㎝ということですが、バルガスが王座を獲得したギャビン・マグドネル戦では、身長は174㎝ということでしたから、やはり179㎝はリーチですね。

それと、リオスが170㎝もあるようには見えませんでした。この体つきで170㎝だと、ライト級レベルですよ。170㎝だと、同じクラスの岩佐亮佑とほぼ同じですからね。

 

バルガスの右の打ち方が雑

この日のバルガスは、右を打つときにかなり力みがあり、時折体のバランスを崩すほどです。

確かに当たれば威力がありそうですが、リオスのガードが堅く、なかなかクリーンヒットしません。少しパンチの打ち方が雑ですし、距離も合っていない感じです。

f:id:stonemeintothegroove:20170830115554j:plain

(リオスはバルガスの右ストレートを見切っていた感じです)

それでも前に出てプレッシャーをかけるリオスに対し、左右のパンチで応戦し、長いリーチを生かした上下の打ち分けなどで、前半は完全にバルガスのペースで進みます。

 

またもボディブローで後半失速

ところが、前半、かなりパンチを強振し、スタミナを消耗したバルガスは、リオスのしつこいボディブローで後半またも失速。やや集中力を欠いてきたバルガスは、リオスのパンチを結構もらいだします。

リオスが回を追うごとにプレスを強め、ロープに詰まって接近戦を強いられるようになると、バルガスの長いリーチが邪魔になり、8ラウンドは、リオスの左フックをもともに喰い、腰を落とします。

リオスにもう少しパンチ力があれば倒れていたでしょう。

バルガスは接近戦は苦手ですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170830115953j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170830120108j:plain

(この左フックは効きましたね。バルガスがガクッと腰を落としました)

 

バルガスが逃切りをはかる

10ラウンドあたりから、バルガスは打ち合いを避け、軽いパンチで距離を取り、逃切り態勢に入りました。

リオスもさすがに追う足が鈍くなり、なかなかバルガスをとらえることが出来ません。

それでも最終回の右フックは強烈でしたね。

リオスのパンチにもう少し力があれば、あわや逆転KO、と思うほどいいパンチでした。

 

判定は3-0(118-110,118-110,115-113)でバルガスが初防衛に成功しました。

しかし、盤石の強さを誇っていたバルガスに、かなり綻びが見えてきましたね。

まず、右の打ち方が力みすぎて雑すぎます。

そして、スタミナ不足。前回に引き続、き後半失速しました。ボディも弱いですね。

一番気になるのは、バルガスはそれほどパンチ力がないのでは?という疑問です。

この防衛戦では、リオスにほとんどダメージを与えることが出来ませんでした。

長谷川穂積さんに負けたウーゴ・ルイスとやったら、倒されるかも。