わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ミゲール・コットVS亀海喜寛 WBO世界S・ウェルター級王座決定戦 コットが大差の判定で王者に。残念~亀海

▼最新記事

ミゲール・コット(プエルトリコ)VS亀海喜寛(帝拳)

WBO世界S・ウェルター級王座決定戦(2017年8月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20170828115352j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170828115358j:plain

(出典:WOWOW)

ミゲール・コットは45戦40勝(33KO)5敗、36歳。WBO1位。

亀海は32戦27勝24KO3敗2分け、32歳。WBO6位。

 

コットは今更紹介をする必要はないでしょう。実績では亀海を圧倒しています。

世界トップクラスのビッグネームです。ひょっとすると、日本人ボクサーが対戦する過去最高の大物かもしれません。

勝敗は別にして、亀海はアメリカでこのビッグネームと世界戦を戦えるだけでも幸運と言わざる得ません。

しかし、コットの最近の10戦の戦績は6勝6KO4敗(1KO)と、全盛期に比べると精彩を欠いているのは間違いありません。

かといって、亀海もヘスス・ソト・カラスとの再戦でTKO勝ちした以外、これといった実績はありません。

コットから見たら、「軽い相手」だと思います。

ただ、亀海は地上波で放映されたことがありませんので、日本ではほとんど無名ですが、アメリカでは結構人気があるようですよ。

いずれにしても、楽しみな試合であることは、間違いありません!

放送開始は11時からです。

恐らく、アンダーカードが1~2試合あると思います。

亀海登場はそのあとでしょうね。

やっぱりセミファイナルからですね。

WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ レイ・バルガスVSロニー・リオス。

この試合は別途、ご報告したいと思います。しかし、バルガス、中盤、結構苦戦していますね。危ないですよ。番狂わせの予感がします。

バルガスは打ち合いを避け、アウトボクシングに切り替えて、逃切りをはかりました。

 

試合経過)

1R)

 亀海、落ち着いていますね。気合十分です。

コットはいつも通りのポーカーフェイス。

コットはフットワークが速いです。亀海のパンチもヒットしています。

前に出るのは、亀海。追いかけまわしています。これはいいですね。

亀海のパンチが意外にヒットします。ボディブローもいい。

なんか、コット動き悪いような気がします。

2R)

コットもエンジンがかかってきました。

亀海、前に出ますがパンチを結構もらっています。やはりパンチを当てるのはうまいですね。

しかし、コットの口が空いていますよ。

とにかく、激しい打ち合いです。

f:id:stonemeintothegroove:20170828115438j:plain

(2ラウンドに早くも鼻血)

3R)

亀海が追いかけます。しかし、コットのパンチがかなりヒットしています。

コットが少し落ち着いてきました。ペースをつかんだ感じです。

4R)

 亀海がロープに詰めますが、コットの左フックが飛んできます。

それでも亀海はしつこく追いかけます。亀海のボディもヒットしますが、パンチの数はコットが上です。もう我慢比べのような展開ですね。

5R)

さあ、亀海のスタミナがどこまで持つのでしょうか。

しかし、コットはパンチを当てるのが上手いです。ポイントでは絶対に勝てそうにありませんね。亀海はコットにギブアップさせる以外は、勝ち目がありません。

6R)

亀海が追いかけ、コットが細かいパンチで応戦します。ヒット率はもちろんコットが上です。

コットの右が強めにヒットしました。これは少し効いた感じです。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170828115530j:plain

(結構強いパンチでしたが、亀海は打たれ強いですね)

さすがに亀海、少し疲れたか。

7R)

コットの顔には余裕が感じられます。

でも亀海が相変わらず追いかけまわします。

この回、コットは少し手数は減りましたが、強めにパンチを打ってきました。

8R)

コットはこの展開は嫌がっていますが、うまさは予想以上にコットが上ですね。

でも、亀海の顔は被弾してる割には、ダメージはありません。

コットは、相手の隙を狙ってパンチを打つのがホントに上手い。

9R)

コーナーでのコットの表情は、かなり疲れているんですけどね。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170828115616j:plain

(疲れた表情をしていますが)

亀海、前に出ます。が、手かあまり出ません。手数では圧倒的にコットが上です。

コットのカウンターがヒット!

10R)

前に出るのは亀海ですが、パンチを先にヒットするのはコットです。

やはりテクニックは、予想以上に差がありましたね。

終盤、コットが亀海をロープに詰めて、連打。亀海も応戦します。

11R)

コットはこの回、休んでいますね。しかし、亀海の攻勢をうまくかわしています。

亀海のボディがいいですね。

コットは逃切り態勢です。でも不用意に前に出ると、コットがパンチが飛んできます。

12R)

もう、打ちまくるしかありません!

しかし、コットはうまい。さすがコットですね。格が違いました。

まあ、最後まで前に出た亀海の健闘をほめましょう。

 

大差の判定負けでしょう。

3-0(120-108,119-109、118-110)。

いや~さすがコットですね。これほどテクニックに差があるとは思いませんでした。

やはり、この階級のトップクラスはレベルが違いました。

コットには最後の試合も、きっちりと勝ってほしいですね。