わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

山中慎介にTKO勝ちしたルイス・ネリの薬物陽性反応疑惑。さてWBCの裁定は!(わしボクの妄想)

▼最新記事

ルイス・ネリの薬物陽性反応疑惑

f:id:stonemeintothegroove:20170825115108j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170825115116j:plain

(出典:日本テレビ)

ドーピング検査で、ネリに薬物陽性反応疑惑のあることが、WBCから発表されました。

まだ、確定ではないようですが、かなり濃いグレーのようです。別の検体の検査待ちということですが、恐らく何らかの処分があると思っています。

まさか、「何もなかった」ということはないでしょう。

WBCもそれなりに確信がなければ、安易に発表したりしないでしょうから。

 

 

考えられる裁定の選択肢(わしボクの妄想です)

まず、絶対にないのは「再戦指令」でしょう。

再戦ということは、ネリがタイトルを獲得したした試合は成立し、ネリに一切のペナルティがないということです。

「疑惑の判定」というようなレベルの話ではないですからね。これはあり得ません。

 

恐らくほとんどの人が望んでいる「試合を無効にし、山中の王座復帰。ネリは一定期間の資格停止処分」も、可能性はかなり低いでしょうね。

まあ、この裁定だと山中はV13にもう一度再チャレンジできることになりますが、まあ過去にほとんど例がないと思います。

 

一番多いパターンは、「試合は無効で、王座は空位になる」という裁定です。

ネリは、何らかのペナルティが課せられますので、王座決定戦に出場することはできません。

最優先で、決定戦の資格を与えられるのは、山中であることは間違いありません。

もちろん、これだと山中の連続防衛は途切れることになります。

 

それと、試合が無効にならない場合も考えられます。

要するに、「ネリの王座を剥奪する」ということです。過去の例では、これが一番多いような気がしますね。

 

もっとも残念なのは「お咎めなし」という裁定です。ネリはもちろんチャンピオンのままです。

フランシスコ・バルガスがオルランド・サリドとの試合前に、陽性反応が出たにも関わらず、試合は成立、バルガスにお咎めなし、という例がありました。

 

王座が空位になったらどうする?山中

 

何もなかったら、恐らく山中はこのまま引退すると思います。

もしも、の話をしても仕方がないですが、私は山中の再起する可能性があるのは、ネリとの再戦が条件のような気がします。

しかし、再戦はあり得ませんから、王座が空位になっても、山中のモチベーションは上がらないでしょうね。山中が望んでいるのは、ネリへのリベンジだと思いますから。

 

さて、この勝手な私の妄想が、どこまでいい加減なものか、もうすぐわかります。

全然違っていましたら、「まことに申し訳ございません!」