わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ジャーマル・チャーロ、けが人相手に不本意なミドル級デビュー VSセバスチャン・ヘイランド

▼最新記事

ジャーマル・チャーロ(アメリカ)VSセバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)

WBC世界ミドル級挑戦者決定戦(2017年7月29日)

f:id:stonemeintothegroove:20170823144040j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170823144047j:plain

(出典:WOWOW)

チャーロ兄は25戦全勝19KO、27歳。IBF世界S・ウェルター級タイトルを返上し、これがミドル級でのデビュー戦となります。

ヘイランドは35戦29勝16KO4敗2分け、30歳のサウスポーです。WBC1位にランクされています。現在8連勝(7KO)中と好調をキープしています。

今回は1位のヘイランドと2位のチャーロとのミドル級挑戦者決定戦です。

 

  

ステップがおかしいヘイランド

ゴングが鳴って、ヘイランドが前に出て、チャーロは左ジャブを突きながら、これを捌きます。

ただ、ヘイランドのステップが独特で、かなり変わったフットワークなのがとても気になりました。

プレッシャーをかけて前に出ますが、どうもパンチを打つときに体が流れる感じです。

浜田剛史さんは「ヘイランドはどうも足を痛めている感じですね」。

そういえば、ヘイランドのフットワークはぎこちなく、足がバタバタして、どうも左足を痛めているような気がします。

 

スリップダウンがダウンに変更

2ラウンドにヘイランドが左ストレートを放ち、これをチャーロにかわされ、そのままバランスを崩して、スリップダウンしたように見えました。

レフリーもはじめはスリップダウンの裁定でしたが、ヘイランドがなかなか立ってこないので、ダメージがあるとの判断で、ダウンに変更しました。

再生ビデオをよく見ると、体が流れたヘイランドの顎に、チャーロの右アッパーがヒットしていました。

f:id:stonemeintothegroove:20170823144846j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170823144856j:plain

(ヘイランドの左ストレートがかわされ、バランスを崩したところへ、チャーロの右アッパーがヒット)

 f:id:stonemeintothegroove:20170823145821j:plain

 (バランスを崩して倒れたように見えたヘイランドのダウン)

まあ、チャーロの右アッパーも効いたかもしれませんが、一番ダメージがあったのはどう見ても左足ですね。

もうこの時点で、ヘイランドの左足に異変があったことは、誰の目にも明らかです。

本人は「1ラウンドに足をひねった」と言っていますが、コーナーを出るときから変なステップでしたから、試合前から痛めていたと思います。

 

チャーロはちょっとやりにくそう

3ラウンドが始まる前に、ドクターチェックが入りましたが、続行を許可しました。

もう試合の趨勢は決しているのですから、ここで止めても良かったのでは。

 

3ラウンドはもちろん、完全なチャーロのペース。余裕をもって、試合を展開します。

左アッパーから右ストレートがヒットし、ヘイランドの足はバタバタです。

それでも、チャーロは一気に行きません。無理をせず、チャンスに畳みかけるつもりなのでしょう。まあ、ちょっと、やりにくそうにも見えました。

 

多分4ラウンドが始まる前にドクターがくぎを刺した

4ラウンドが始まる前に、またドクターチェックがありました。

何となく「このラウンドが最後」とくぎを刺されたような感じです。

ヘイランドは足を引きずりながら、強引に前に出ます。

チャーロはこれを軽くステップでかわし、様子を見ます。

もう無理をしなくても、どこかでストップされるのは分かっていたでしょう。

 

しかし、このままではミドル級デビュー戦としては、あまりにもアピール度が少ないと思ったのか、中盤からラッシュをかか仕留めに行きました。

そして、チャーロの左ストレートでヘイランドが大きくバランスを崩し、仰向けにひっくり返りました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170823152203j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170823152637j:plain

(チャーロの左ストレートでヘイランドは大きくバランスを崩します。)

f:id:stonemeintothegroove:20170823152311j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170823152347j:plain

(左足が変な形になっていますね。ダウンというより、ひっくり返った感じです)

それでもヘイランドは必至で立とうとします。しかし、再びバランスを崩したとことでようやくレフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170823152833j:plain

(遅すぎたストップ)

まあ、チャーロがミドル級で問題なく戦えることは間違いないでしょうが、後味の悪い印象はぬぐえません。

私は、1ラウンドでストップでも良かったと思っています。はっきり言って、試合になっていませんでした。

 

さて、チャーロはこれでWBCの挑戦権を獲得したことになります。

ただ、ゲンナディ・ゴロフキンVSカネロ・アルバレスの結果次第では、少し今後の予定に変更が出そうです。

カネロはWBCと折り合いが悪いらしく、カネロが勝った場合は、WBCは空位になる可能性が出てきます。

そうなると、チャーロは今度は、王座決定戦をやることになるかもしれません。

私は、ゴロフキンVSチャーロがぜひ見たいと思っています。