わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ロバート・ゲレロが5度倒され初のTKO負け。ついに引退を表明 VSオマール・フィゲロア

▼最新記事

オマール・フィゲロア(アメリカ)VSロバート・ゲレロ(アメリカ)

ウェルター級10回戦(2017年7月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20170821135304j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170821135312j:plain

(出典:WOWOW)

フィゲロアは2015年12月に体重超過でタイトルを剥奪されて以来、約1年半ぶりの試合です。

27戦26勝18KO1分け、27歳。

ゲレロは2連敗中。元4階級制覇王者も、もう後がありません。

41戦33勝18KO5敗1分け2NC、34歳のサウスポーです。

ちなみに、2014年6月には、亀海喜寛に判定勝ちしています。

 

体にキレがないフィゲロア

久しぶりのフィゲロアは2階級上げて、かなり余裕の体型をしています。

171㎝ではウェルター級は少し重い気がします。

動きに柔らかさはあるものの、スピード感や切れは全く感じられません。

L・ヘビー級で登場したフリオ・セサール・チャベス・ジュニアを思い出しました。

パワーは175㎝のゲレロの方があるように見えました。

 

こんなもろいゲレロは初めて

パワーに勝るゲレロが接近戦に持ち込みます。

フィゲロアもこれに応戦しますが、なんとなく退屈な試合の予感がしました。

ところが、フィゲロアの左アッパーがゲレロの顎を打ち抜くと、ゲレロはあっさりダウン。こんなもろいゲレロは初めて見ました。

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20170821141412j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170821141521j:plain

(スピード感のないフィゲロアでしたが、この左アップアッパーは速かったですね)

腕をうまく折りたたんで、きれいにゲレロの顎をとらえていました。

立ってきたゲレロはすぐに反撃に転じましたが、今度はフィゲロアがゲレロをロープに詰めて、右フックダブルで2度目のダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20170821142013j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170821142030j:plain

(フィゲロアは右も強い。今度は右フックのダブルでダウンを奪います)

辛うじて立ってきたゲレロに、フィゲロアが容赦なくパンチをヒットします。

そして、左フックで3度目のダウンを奪います。

f:id:stonemeintothegroove:20170821142505j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170821142512j:plain

(左フックがゲレロの顎をとらえ、3度目のダウンを奪います)

これで決まりかな、と思いましたが、ゲレロはすぐに立って、ファイティングポーズを取ります。

ダメージは深刻で、もう戦う力が残っているようには見えませんでしたが、レフリーは続行を許可。この回はゴングに救われます。

 

まだやらせるか~

3ラウンド、最後の力を振り絞って、勝負にでたゲレロですが、攻勢は長くは続きませんでした。

ダメージの残るゲレロが強引にフィゲロアをコーナーに詰めますが、そこへまたフィゲロアの必殺の左アッパーが待っていました。

ゲレロはたまらずその場に崩れ落ちます。

f:id:stonemeintothegroove:20170821143435j:plain

(ゲレロはこのフィゲロアの左アッパーにやられましたね)

f:id:stonemeintothegroove:20170821143448j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170821143500j:plain

(崩れ落ちたゲレロは、すぐに立ってきました)

ゲレロは、すぐに立ってきましたが、さすがにストップだと思いました。

しかし、レフリーはカウント8で試合を再開しました。

 

止めは左ボディブロー。フィゲロアはホントに攻撃が多彩です。

通算5度目のダウンで、レフリーはすぐにストップしました。遅い!

2ラウンドでもう勝負は決していましたよ。

f:id:stonemeintothegroove:20170821144155j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170821144208j:plain

(ゲレロにとってはまさかのボディブローだったでしょうね)

 

生涯初めてのTKO負けを喫したゲレロは、試合後、引退を表明しました。潮時でしょうね。

 

フィゲロアはこのままウェルター級で戦うのでしょうか。

接近戦でのうまさと強さはさすがでしたが、この戦法がいつも通用するとは思えません。

かなり余裕の体つきでしたから、もう少し普段の体重を節制して、S・ライト級に落とした方がパワー負けしないと思います。

しかし、テレンス・クロフォードには歯が立たないでしょうね。