わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ロバート・イースター、リーチ差20㎝&身長差15㎝を持て余す VSデニス・ジャイコフ

▼最新記事

ロバート・イースター(アメリカ)VSデニス・ジャイコフ(ロシア)

IBF世界ライト級タイトルマッチ(2017年6月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20170809120949j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170809121036j:plain

(出典:WOWOW)

イースターは19戦全勝14KO、26歳。身長180㎝のライト級王者です。

同じ階級のWBA王者のホルヘ・リナレスがおそらく173㎝ぐらいでしたから、180㎝というのは破格の身長といえますね。しかもリーチが193㎝。

一方のジャイコフが165㎝。こちらはまたライト級としてはかなり低い身長です。その差15㎝、リーチはなんと20㎝も違います。

41戦38勝20KO2敗1分け、32歳のサウスポーです。

IBF1位にランクされており、これが3度目の世界戦です。

3度目の正直というには、ちょっと相手が悪い感じはしますね。

 

 

やはり遠いイースター

2人がリング上で対峙すると、その差は歴然。これは2階級ぐらい違っていてもおかしくないですね。

f:id:stonemeintothegroove:20170809123834j:plain

(身長差15㎝の対戦)

当然、背の低いジャイコフが前に出て、イースターがこれを迎え撃つという展開で始まりました。

イースターの左ジャブが長いですね。ジャイコフは果敢に前に出て距離を詰めます。

しかし、なかなかジャイコフのパンチは届きません。

接近してもイースターは長い腕を折りたたんで、ジャイコフのガードの隙間に上手くパンチをヒットします。長い腕を使った左ボディもうまいですね。

一方のジャイコフのパンチはほとんどヒットしません。

 

前半はイースターが完全にペースを握り、前に出てイースターを追い詰めるが、ジャイコフのパンチはほとんど空を切ります。

距離を詰めると、イースターの右ストレートが飛んできます。

 

前進力が止まらないジャイコフ

中盤過ぎから、イースターが少し押され気味になってきたような感じです。

とにかくジャイコフの前進が止まりませんし、時折ジャイコフのパンチがイースターをとらえるようになってきました。

接近戦で消耗したのか、イースターのパンチも少し威力が落ちて、軽いパンチになってきました。

対するジャイコフは相変わらずヒット率は悪いものの、無尽蔵のスタミナでプレッシャーをかけ続けます。

 

終盤は完全に逃切り態勢のイースター

中盤から退屈な展開が続き、終盤に入るとスタミナの切れたイースターは、特に危ない場面はないものの、完全にKOを諦めた感じです。

軽いパンチでジャイコフを捌き、危険なパンチの交錯を避け、完全に逃切り態勢に入りました。

終盤の3ラウンドは、ポイントを失ったラウンドがあったと思います。

それにしてもジャイコフのスタミナはすごいですね。最後まで前進してパンチを放っていました。さすが指名挑戦者です。

もう少しパンチ力があれば、世界を獲れるかもしれません。

 

判定は文句なしにイースターですが、120-108が二人もいたのにはびっくりです。イースターの地元とはいえ、ちょっとこれはひどいですね。

ちなみ私は116-112です。

チャンピオンになってから、どうもイースターはパッとしませんね。