わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

再起戦をTKOで飾ったが精彩を欠くジュリアン・ウィリアムス VSジョシュア・コンリー

▼最新記事

ジュリアン・ジャクソン(アメリカ)VSジョシュア・コンリー(アメリカ)

ミドル級10回戦(2017年6月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20170808132304j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170808132313j:plain

(出典:WOWOW)

ウィリアムスは25戦22勝14KO1敗1分け1NC、27歳。

無敗で挑んだジャーマル・チャーロに5RKO負けを喫したものの、大健闘し素質の高さを感じさせたウィリアムスは、これが再起戦となります。WBC5位。

 

www.boxing-blog.com

 

再起戦の相手に選んだのは、これが初めての10回戦という若手。

16戦14勝9KO1敗1分け、25歳。戦績はなかなかのものですが、初めての10回戦が世界ランカーというのは、かなり荷が重いですね。

 

 

コンリーは初回から呑まれている感じ

初回から前に出てコンリーにプレッシャーをかけます。

コンリーは下がりながら、必死に防戦しますが、完全に押されています。

浜田さんが「コンリーは早くも呑まれていますね」と言うほど、二人の実力差は明白です。

間違ってもウィリアムスが負けることはないでしょう。

攻め切れないウィリアムス

チャーロ戦では素質の高さを見せたウィリアムスですが、どうもプレッシャーをかけて攻勢に出ると、意外に力を発揮できないようです。

コンリーをロープに詰めて、連打を放ちますが、少し攻めあぐねている感じがします。

それでもボディブローが効果的にヒットし、コンリーはますます窮地に立たされます。

強引にパンチを打ち込めば倒せるような感じでしたが、ウィリアムスは無理をしません。やはりチャーロに一発で倒されたことが、過剰に用心深くさせているのでしょう。

 

これなら亀海喜寛の方が上かな

やはりウィリアムスはパンチ力が今一つですね。

強いパンチを打ちこんでも、コンリーを倒すまでのダメージを与えることが出来ません。まあ、これだけディフェンスに徹する相手を倒すは、確かに難しいとは思いますが。

「これは判定まで行きそうな感じかな」と思っていましたら、7ラウンドに、左フックがコンリーの目に入り、あっけなく最初のダウンを奪います。

f:id:stonemeintothegroove:20170808135755j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170808135801j:plain

(左フックがコンリーの目にヒット)

立ってきたものの、コンリーはやや戦意喪失気味。

ウィリアムスが連打で攻め立てると、レフリーが割って入り、最初はダウンの裁定のような感じでしたが、コンリーのコーナーからタオルが投入され、ウィリアムスがTKO勝ちとなりました。

f:id:stonemeintothegroove:20170808140154j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170808140159j:plain

(コンリーが防戦一方になったところでレフリーが割って入りました)

恐らくウィリアムスとしては、この日は、非常に不本意な出来だったでしょうが、このボクシングだと、亀海喜寛はウィリアムスに勝てますよ。

特に接近戦の攻防だと、亀海の方に分がありますね。