わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

結局村田諒太はアッサン・エンダムと再戦することになりましたね!(10月22日)&山中慎介VSルイス・ネリ、福原辰弥VS山中竜也、ミゲール・コットVS亀海喜寛

▼最新記事

アッサン・エンダム(フランス)VS村田諒太(帝拳)

WBA世界ミドル級タイトルマッチ(10月22日)IN東京両国国技館

f:id:stonemeintothegroove:20170805132941j:plain

本田会長はエンダムとの再戦はない、選択肢はたくさんある、なんてことを言ってましたが、結局帝拳側の主張がほぼ通った形になったようですね。

この再戦、前回とそれほど大きな試合展開に違いはないでしょう。

村田が無理にKOを狙わなければ、中差で今度はタイトルを獲得することになると思います。

一番心配されるのは、村田がダウンを奪い、強引に倒しに行って、スタミナを大きく消耗することです。アンソニー・ジョシュアの二の舞にはならいないように、とりあえずは勝ちに徹した方が賢明です。

とにかくミドル級のタイトルを獲得することが、なにより最優先されます。

明確な勝利、なんて色気を出さないことが、勝利の最大のカギですよ。

タイトルを獲得すれば、間違いなくビッグマッチが待っているはずです。

 

 

 

8月の世界戦戦スケジュール

山中慎介(帝拳)VSルイス・ネリ(メキシコ)

f:id:stonemeintothegroove:20170805132858j:plain

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ(8月15日)

 山中は29戦27勝19KO2分け、34歳。

ルイス・ネリは23戦全勝17KO、22歳。

サウスポー同士の対戦です。

具志堅用高さんと並ぶ13度目の防衛戦ですが、私はこういう記録にはあまり興味はありません。

ネリは以前にも書きましたが、それほどスピードのある選手ではありませんし、KO率が高いですが、一発で倒すタイプではなく、連打型です。

山中が自分の距離を守って、乱打戦に付き合わなければ、神の左が決まるチャンスはあるでしょう。しかし、ネリのしつこいボクシングに巻き込まれると、左ボディの餌食になる可能性もありますね。

 

福原辰弥(本田フィットネス)VS山中竜也(真正)

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ(8月27日)

福原も、小國の番狂わせの流れにうまく乗っかりましたね。

当時1位のモイセス・カジェロスにまさかの判定勝ちで、暫定タイトルを獲得。高山勝成の引退に伴い正規王者に昇格しました。

29戦19勝7KO4敗6分け、28歳。サウスポー。

しかし、世界チャンピオンとしてはまことに地味な戦績ですね。

 

山中竜也は16戦14勝4KO2敗、22歳。WBO1位の右構え。

昨年東洋太平洋タイトルを獲得しましたが、返上しています。

 

申し訳ありませんが、世界戦としてはまことに地味な戦いになりそうですね。

 

ミゲール・コット(プエルトリコ)VS亀海喜寛(帝拳)

WBO世界S・ウェルター級王座決定戦(8月26日)

f:id:stonemeintothegroove:20170805132805j:plain

ミゲール・コットは、日本人が今まで対戦した中で、一番のビッグネームだと思います。亀海は試合ができるだけでも幸せかもしれませんね。

コットは45戦40勝33KO5敗、36歳。WBO1位。

コットは2008年にアントニオ・マルガリートにTKO負けしてから精彩を欠いています。それでも9年間、世界の第一戦で戦っているのですから、すごいと思います。

 

亀海は32戦27勝24KO3敗2分け、34歳。

昨年、ヘスス・ソト・カラスをTKOしたのが評価されたようです。WBO6位にランクされています。

実績では全くかないませんし、普通にきれいなボクシングをしたら、歯が立たないと思います。

しかし、コットはそれほど打たれ強くありません。亀海が勝つとしたらKOしかないでしょう。私は、チャンスはあると思いますよ。

 f:id:stonemeintothegroove:20170816153235p:plain

8月27日、亀海喜寛VS4階級制覇王者ミゲール・コットはWOWOWで生中継されます。一緒に応援しましょう!

 

≫ ネット申し込みでお得にWOWOWを観る方法