わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

内山高志がやっぱり引退するようですね。残念ですがホッとした気持ちもあります

▼最新記事

もう負けるところを見なくていい

f:id:stonemeintothegroove:20170727152554j:plain

昨年4月に内山高志がジェスリル・コラレスにKO負けした時のショックは、表現しようがありません。

www.boxing-blog.com

しばらく何も手につかず、ブロクも休眠状態になったほどです。

私の友人は、テレビの前で呆然として、しばらく動けなかったそうです。

だから内山が再起して、コラレスと再戦すると聞いて、とても複雑な気持ちでした。

内山の試合は、ネットで先に結果を検索し、KOされているようだったら、見ないつもりでした。どうやら判定決着みたいでしたので、要所要所だけ見た次第です。

もう、倒されるところは正視できませんから。

 

私が試合前に一番ドキドキするのが内山の試合でした。これほどドキドキしたのは、辰吉丈一郎さん以来でしたね。

強い!けど打たれ弱い。これが一番の原因でしょう。

 

実は世界チャンピオンになるとは思っていませんでした

内山の試合を初めてしたのは、多分、東洋太平洋の王座決定戦で、ナデル・フセインをKOしたときだと思います。その前にもう一試合ぐらい見てるかもしれません。

「なかなかやるな」とは思いましたが、世界を獲るほどの選手とは、正直思いませんでした。

ホルヘ・リナレスを1Rに沈めてタイトルを獲得したファン・カルロス・サルガドに挑戦した時も、まさか勝つとは夢にも思っていませんでした。

リナレスはサルガドに負けるまでは、27戦全勝のスーパースター候補でしたからね。

それを12ラウンドに倒して勝った時は、もういっぺんに大ファンになってしましました。

これほど魅力的な選手は、もう二度とお目にかかれないかもしれませんよ。

 

 

一番苦戦したのは

 

一番苦戦したのは5度目の防衛戦で対戦したマイケル・ファナレスですね。

とにかくスピードがあって、やや小柄な、内山の苦手とするタイプです。

内山のパンチがなかなかヒットせず、逆にファナレスのパンチを浴びる始末。距離を合わすにも、その前にファナレスのスピードに全くついていけません。

とても嫌な予感がしました。

実は、バッティングで負傷引き分けになった時は、正直、「ホッと」しました。

 

一番強いと思わせた試合は

f:id:stonemeintothegroove:20170727153441j:plain

10度目の防衛戦でジョムトーン・チューワッタナ戦です。

ジョムトーンは内山からダウンを奪った、金子大樹に圧勝してます。今まで一番の強敵だと思いましたね。

 

www.boxing-blog.com

 

ところがそのジョムトーンを全く問題にせずパワーでねじ伏せ、あっさり2RにKOしました。「強い!」この試合は一番感動しました。

 

www.boxing-blog.com

 

 

だから、まさかこの1年後にKO負するなんて、夢にも思いませんでしたね。

ジェスリル・コラレスにそれほどパンチ力があるとは思えませんでしたし、減量も苦しんでるようでしたので、早い回であっさりKOする、下手したら1Rに倒すかも。

とにかく、勝つことしか考えていませんでしたので、最初にダウンししたときは、もう心臓が止まりそうでした。

 

取り合いえず、今日はこの辺で終わります。

私の嫁が、「内山さんには早く結婚してほしい。彼女はいてないんやろか」と身内みたいに心配していました。

今まで感動をありがとうございました。お疲れさまでした。