わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ジェルウィン・アンカハスVS帝里木下 IBF世界S・フライ級タイトルマッチ アンカハスが一方的に攻めて7RTKO勝ち。

▼最新記事

ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)VS帝里木下(千里馬神戸)

IBF世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年7月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20170703141458j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170703141509j:plain

(出典:WOWOW)

アンカハスは28戦26勝17KO1敗1分け。2度目の防衛戦です。25歳のサウスポー。

木下は27戦25勝8KO1敗1分、31歳のサウスポー。

3年前にゾラニ・テテに大差の判定負けを喫して以来、2度目の世界挑戦です。ホテルマンボクサーとして有名ですね。

木下は、IBF3位ですが、王者とは実力差がかなりあるように思います。

中盤までに倒されるような気がします。いずれにしても、木下が勝つことはないでしょう。5万5千人の大観衆の前に、世界戦として恥ずかしくない試合を見せてほしいと思います。

 

試合経過)

1R)

チャンピオンの顔に余裕が見られます。対する木下は、やはりかなり緊張していますね。

アンカハスは、辰吉丈一郎さんをサウスポーにしたようなボクシングスタイルですね。

フットワークがよく似ています。

この回、アンカハスの方が積極的です。

f:id:stonemeintothegroove:20170703141553j:plain

2R)

右ジャブが速い。スピードではアンカハスが上です。

木下はやや押され気味で、常に先手を取られています。

木下は早くも右目をカットしました。苦しい展開ですね。

3R)

アンカハスは、右ボディもうまいですね。

アンカハスの左がきれいにヒットしました。この左で中盤辺りに倒されそうですね。

もうペースは完全にアンカハス。木下のパンチはほとんどヒットしません。

4R)

アンカハスのボディ連打でスタート。木下が攻めると、アンカハスのボディブローがカウンターでヒットします。手数でもアンカハスがリード。

5R)

アンカハスの左オーバーハンドが結構決まり出します。

木下は距離をとるか、思い切って攻めるかしないと、とにかく攻撃が中途半端です。

この回は木下も攻めていますが、倍になってアンカハスに打ち返されています。

6R)

ほぼ一方的な展開になってきましたね。

アンカハスが少し強めに出てきました。ボディもかなり効いてきたような感じです。

7R)

木下の右目はもうほとんどふさがっています。

f:id:stonemeintothegroove:20170703141620j:plain

この回勝負するしかないですね。

しかし、木下のパンチはほぼアンカハスに見切られています。

そして、右ボディでついに木下がダウン!

f:id:stonemeintothegroove:20170703141638j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170703141649j:plain

(やはりボディはかなり効いていたようです)

何とか立ってきましたが、レフリーがストップしました。

 f:id:stonemeintothegroove:20170703141740j:plain

あまりにも予想通りの試合展開に、予想した私がびっくりです。

アンカハスは、カリド・ヤファイより強いですね。