わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

メイウェザーの秘蔵っ子デービスが全勝のイギリス人に圧勝! ジャーボンテイ・デービスVSリアム・ウォルシュ

▼最新記事

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSリアム・ウォルシュ(イギリス)

IBF世界S・フェザー級タイトルマッチ(2017年5月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20170627095304j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627095314j:plain

(出典:WOWOW)

デービスはフロイド・メイウェザーの秘蔵っ子中の秘蔵っ子です。

17戦全勝16kO、まだ22歳のホープです。

身長は168㎝と小柄ですが、デービスの身体能力の高さと踏み込みの速さであれば、ライト級でも十分戦えると思います。

リアム・ウォルシュも21戦全勝14KOとレコードでは負けていません。そしてランキング1位の指名挑戦者です。

 

スピードが違いすぎる

サウスポーのデービスに対して、ウォルシュはスイッチヒッターです。

スタートはお互いサウスポースタイルで対峙しました。

しかし、右ジャブのスピードが違いすぎましたね。

 

スピードについていけないウォルシュは右にスイッチしますが、今度はデービスの左ストレートが飛んできます。

2ラウンドの段階では、まだデービスは完全に左の距離があっていないようでしたが、ウォルシュの動きは完全に見切っているように見えました。

 

全勝の1位を叩き潰す

3ラウンドに入ると、早くもデービスはエンジン全開。

クリンチの離れ際に左フックを打ち下ろし、ウォルシュの膝が揺れます。これはかなり効いたようで、必死にウォルシュはクリンチで逃げようとしますが、容赦なく左を叩き込んでくるので、離れざるを得ません。

それを追いかけるようにデービスが、連打で襲い掛かってきます。

  f:id:stonemeintothegroove:20170627104013j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627104001j:plain

そして、もう完全に距離をアジャストしたデービスの強烈な左フックで、叩き潰されるようにウォルシュがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170627104328j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627104341j:plain

(左右の連打から左フックをたたきつけられ、ウォルシュは潰されるようにダウン)

ウォルシュのダメージは深刻でしたが、かろうじて立ってきました。

しかし、再開してすぐに、デービスの連打にさらされたウォルシュを、レフリーが救い出しました。

 f:id:stonemeintothegroove:20170627104212j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170627104840j:plain

全勝でランキング1位のウォルシュでしたが、メイウェザーの秘蔵っ子には全く歯が立ちませんでした。

 

メイウェザーと言えば、UFCのコナー・マクレガーという人とボクシングで対戦するそうですね。残念ながら私はUFCを全く知りませんので、コメントしようがありません。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170627104933j:plain

(やはりメイウェザーがリング上に上がると、デービスより目立っていました)

デービスはS・フェザー級がかなりきついようです。近いうちにライト級に上げるかもしれませんが、その前にワシル・ロマチェンコと対戦してほしいですね。

同じ階級の伊藤雅雪や尾川堅一には、このデービスはちょっと荷が重い相手でしょう。

 

ところで、9月9日のロマゴン&井上尚弥のダブル世界戦は、どうやらWOWOWでも放送するよな感じですね。