わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

井上尚弥のアメリカデビュー戦が決まりましたね VSアントニオ・ニエベス戦結果予想(9月9日)

▼最新記事

井上尚弥(大橋)VSアントニオ・ニエベス(アメリカ)

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ(2017年9月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20170622103648p:plain

ついに井上尚弥のアメリカデビューが正式決定しましたね。

9月9日に、シーサケット・ルンビサイVSローマン・ゴンザレスのセミファイナルとして行われるようです。

この日は他に、カルロス・クアドラスとファン・フランシスコ・エストラーダもアンダーカードで登場します。

WBC世界S・フライ級挑戦者決定戦ということなので、勝者がロマゴンVSシーサケットの勝者に挑戦することになります。

S・フライ級のトップ選手が勢ぞろいすることになりますね。

アメリカのボクシングファンにとっては、それほど魅力的ではないかもしれませんが、日本のファンにとっては夢のようなイベントです。

とはいえ、米国の最大のケーブルTVネットワークである「HBO」で全米放映されることになっています。

 

 

フジテレビが放映

 

もちろん、日本でもフジテレビが放映することも決まっているようですよ。

 

どの試合を(井上戦以外で)放映するのか、生中継なのかは、今のところまだわかりません。

9月9日は土曜日、日本時間だとおそらく9月10日の日曜日ですから、WOWOWと同じように午前11時からというのが、理想ですね。

まず、井上の6度目の防衛戦、そしてシーサケットVSロマゴンのメイン。

 

ところで、WOWOWはどうするのでしょうね。

フジテレビは井上戦だけで、あとはWOWOWにバトンタッチして、残りの2試合を放送という手もあります。

この場合、クアドラスVSエストラーダは録画になりますが、まあ、この2人はどちらでもいいです。

 

あっ、「フジテレビが放映する」ということ以外は、あくまで私の妄想ですので、無視してください。申し訳ありません。

 

挑戦者の戦力 

アントニオ・ニエベスは、20戦17勝9KO1敗2分け、30歳。

戦績だけで判断するのは無謀ですが、さほど危険な相手ではなさそうです。

WBOのバンタム級7位にランクしていますが、直近の試合でニコライ・ポタポフ(ロシア)に判定負けして、NABO北米バンタム級王座を失っています。

油断は禁物ですが、アメリカデビューでは、あいさつ代わりの「圧巻のKOショー」を披露しくれることは間違いないでしょうね。

 

ところで、アントニオ・ニエベスはバンタム級の選手ですね。果たして、当日までにS・フライ級の体重を作れるのでしょうか。

 

井上尚弥VSロマゴンはあるのか

井上は来年にはバンタム級へ転向する意向を公言しています。

そうなると、ロマゴン戦はほぼ絶望的ですね。

仮にロマゴンがシーサケットに勝ったとしても、次にクアドラスVSエストラーダの勝者と防衛戦を行わなければなりません。

 

ロマゴンがまた負けたとしたらどうでしょう。

連敗して商品価値の落ちたロマゴンでは、対戦する意味がなくなりますね。もうそれはロマゴンではありませんから。

 

いずれにしても、井上VSロマゴンはかなり実現が難しそうです。

将来的に見ても、ロマゴンもS・フライ級が限界でしょうから、バンタム級での対決はないでしょう。

 

8月26日に亀海喜寛がミゲール・コットと対戦します。もし亀海が勝つようなことがあったら、9月9日は盛り上がるでしょうね。