わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

田口良一VSロベルト・バレラ(6度目の防衛戦)&京口紘人が世界初挑戦VSホセ・アルグメド W世界戦(7月23日)

▼最新記事

田口良一(ワタナベ)VSロベルト・バレラ(コロンビア)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年7月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170615095657j:plain

7月23日ですか~ホントに個人的な話で恐縮ですが、この日は予定があって帰りが遅くなります。9時からの放送なら間に合うのですけど、7時からだと厳しいかな~

アッ、申し訳ありません。

閑話休題。

田口は29戦25勝11KO2敗2分け、30歳。これがなんと6度目の防衛戦になります。無尽蔵のスタミナと打たれ強さが持ち味です。

5度目の防衛戦で、カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に前半ポイントをリードされ、後半追い上げましたが、しぶといカニサレスに上手くかわされ、引き分けで辛くも防衛に成功しています。

挑戦者のロベルト・バレラは19戦18勝12KO1敗、24歳。WBA1位。

唯一の1敗は、カルロス・カニサレスに判定負けしたものです。

2015年12月に田口に挑戦した(9回棄権)、ルイス・デラローサにはKO勝ちしています。

最近5試合連続KO勝ちと、絶好調のようですよ。

 

田口はとにかくこの試合にスカッと勝って、田中恒成との統一戦を実現させてほしいと思います。

 

ホセ・アルグメド(メキシコ)VS京口紘人(ワタナベ)

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(2017年7月23日)

f:id:stonemeintothegroove:20170615114505j:plain

アルグメドは23戦19勝11KO3敗1分け、28歳。これが3度目の防衛戦となります。

2015年12月に高山勝成に負傷判定でタイトルを獲得しています。

 

 高山VSアルグメド ↓(アグメドとアルグメドは同一人物です)

www.boxing-blog.com

 

 

京口は7戦全勝6KO、23歳。東洋太平洋ミニマム級チャンピオンで、IBF9位。

もちろんこれが世界初挑戦です。

高山はアルグメドの距離の長さにてこずったようですが、京口はアルグメドと同じ身長(160cm)ですから、その点は心配ないでしょう。

高山のボディ攻撃を嫌がっていたようですから、辰吉丈一郎さん直伝の左ボディが決まれば、勝機が見えるかもしれません。

しかし、アルグメドのペースにはまると、プロでの経験が浅い京口はかなり苦戦を強いられそうです。

アマチュアでは国体優勝などの実績がある京口ですが、プロではまだ7戦。世界戦はまだ早い、という声もあるようですが、せっかくのチャンスを逃す手はないでしょう。

 

河野公平の再起戦

 

f:id:stonemeintothegroove:20170615114236j:plain

それと、この日は現役続行を表明した河野公平も、再起戦で登場するようですね。

 ワタナベジムそろい踏みです。後は内山高志だけですね。