わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

最大の武器は第三のパンチ!なかなか頑固な石頭ですヨ ショーン・ポーターVSアンドレ・ベルト

▼最新記事

ショーン・ポーター(アメリカ)VSアンドレ・ベルト(アメリカ)

ウェルター級12回戦(2017年4月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20170614122857j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170614123015j:plain

(出典:WOWOW)

ポーターはキース・サーマンに敗れたものの、その好戦的なファイトスタイルで、依然高い人気を誇っています。

29戦26勝16KO2敗1分け、29歳。WBC3位。

 

アンドレ・ベルトは私の中ではもう過去の選手です。あまりにも打たれもろすぎますね。まあ、勝っても負けてもKOですから、それなりに面白いとは思いますが、もう世界の第一戦では通用しないボクサーです。

35戦31勝24KO4敗、33歳。IBF3位、WBCでも4位にランクしています。

 

 

ポーターの動きに翻弄されるベルト

2人が対峙すると、ポーターの体格の良さが目につきます。

しかも動きが速い。ベルトも速いパンチを持っていますが、踏み込みの速さ、フットワークはポーターが上ですね。

しかもポーターのパワーは並外れています。キース・サーマンもこのフィジカルの強さに大苦戦しました。

早くも2ラウンドにはポーターのパワーに押し込まれ、ロープに詰められ連打をあびます。

そして2ラウンド終盤にポーターが放った右フックで、ベルトはあっけなくダウンを喫しました。

f:id:stonemeintothegroove:20170614124426j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170614124455j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170614124524j:plain

(右フックがテンプルにヒットしベルトがあっさりダウン)

 

完全にポーターのペース

このダウンはそれほどダメージがなさそうでしたが、3ラウンド以降もベルトはポーターに押し込まれ、ロープに詰まるシーンが多くなります。

中盤、少しベルトが盛り返し、いいパンチをヒットしましたが、ポーターはお構いなしに左右パンチを振るい、パワーでベルトを押し込みます。

序盤からポーターのバッティングが再三ベルトにヒットし、目の上もカット。ベルトは苦しい展開を強いられます。

f:id:stonemeintothegroove:20170614125559j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170614125635j:plain

(リングサイドにWBC王者のキース・サーマンとIBF王者のエロール・スペンスの姿が)

 

一番ダメージがあったのはポーターのヘッドバッド

両者それほどクリーンヒットは多くなく、押し合いもみ合いのかなりラフな展開になってきました。

その典型がポーターのヘッドバッドです。

9ラウンドにこのヘッドバッドで、ベルトはロープに飛ばされます。

これはかなり効いたようです。

f:id:stonemeintothegroove:20170614125840j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170614130107j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170614130139j:plain

辛うじてダウンは免れましたが、ダメージは明らかです。

f:id:stonemeintothegroove:20170614130338j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170614130347j:plain

ベルトは盛んにバッティングをアピールしていましたが、ポーターは構わずパンチを打ちこみます。

そして、ベルトは、ポーターの左フックでこの日2度目のダウンを喫します。

立ち上がったものの、少し戦意喪失気味のベルトに、ポーターが再び襲い掛かり、左フックをあびてロープにもたれかかったところで、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170614130728j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20170614130831j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170614130850j:plain

(おそらくおこパンチより、最初にもらったヘッドバッドが効いていたのでしょう)

 

なんともすっきりしない結末でしたが、結局ポーターのパワーがベルトを圧倒したということでしょう。

マニー・パッキャオも訳の分からんオーストラリア人なんかとやらずに、せめてポーターと対戦してほしかったな~。まあ、ポーターの石頭にパッキャオが負けるでしょうけど。

 

ジョー小泉さんの情報によると、キース・サーマンは右ひじの手術で、戦列を離脱するようです。

となると、ポーターがこの勝利で、暫定王座決定戦の権利を獲得、ということでしょうか。

 

ともかく、ポーターみたいなボクサーとは、誰もあまりやりたくないでしょうね。パンチを三つも持っていますから。