わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

現役日本人最強ボクサーは誰だ!(第3回/2017年6月) 今回は様々な角度から検証してみました

▼最新記事

※この記事は2017年6月時点のものです。

最新の日本人最強ボクサー予想はこちら

 

ダントツ最強は井上尚弥

f:id:stonemeintothegroove:20170610115847j:plain

これにはどなたも異存がないと思います。

私は50年間ボクシングを見てきましたが、こんな強い日本人ボクサーを見たのは初めてです。

具志堅用高さんも強かったと思いますが、まだ当時の創設間もないJフライ級と、今のSフライ級とでは、対戦相手のレベルが違います。

パンチ力、スピード、テクニックどれをとっても一級品です。特にパンチ力では群を抜いていますね。

 

「パンチ力」ベスト5

f:id:stonemeintothegroove:20170610115943j:plain

1位 井上尚弥(Sフライ級)WBOチャンピオン

2位 三浦隆司(Sフェザー級)WBC1位

3位 内山高志(Sフェザー級)まだ現役続行を表明してませんが

4位 山中慎介(バンタム級)WBCチャンピオン

5位 比嘉大吾(フライ級)WBCチャンピオン

 

内山高志を除くとすれば、田中恒成かな~

 

「スピード」ベスト5

 

f:id:stonemeintothegroove:20170610120019j:plain

1位 井上尚弥(Sフライ級)WBOチャンピオン

2位 井岡一翔(フライ級)WBAチャンピオン

3位 田中恒成(ライトフライ級)WBOチャンピオン

4位 岩佐亮佑(Sバンタム級)IBF3位

5位 亀田和毅(Sバンタム級)WBA3位

 

亀田和毅についてはかなり異論があると思いますが、あの短いリーチでパンチをヒットさせるのは、パンチのスピードと踏み込みのスピードがなければ無理でしょう。ほかの能力はボロボロですが、スピードだけはあると思います。

 

「テクニック」ベスト5

f:id:stonemeintothegroove:20170610120105j:plain

1位 井上尚弥(Sフライ級)WBOチャンピオン

2位 井岡一翔(フライ級)WBAチャンピオン

3位 岩佐亮佑(Sバンタム級)IBF3位

4位 内藤律樹(ライト級)日本4位

5位 井上拓真(バンタム級)WBO10位

 

まあ、テクニックについては判断が難しいですね。岡田博喜、伊藤雅雪、拳四朗、村田諒太あたりもほとんど差はないと思います。

 

「スタミナ&打たれ強さ」ベスト5

f:id:stonemeintothegroove:20170610120159j:plain

1位 田口良一(ライトフライ級)WBAチャンピオン

2位 井上尚弥(Sフライ級)WBOチャンピオン

3位 井岡一翔(フライ級)WBAチャンピオン

4位 小國以載(Sバンタム級)IBFチャンピオン

5位 亀海喜寛(Sウェルター級)WBO4位

 

本来は別の能力なんでしょうが、差をつけるが難して、とらえず一緒にしてみました。井岡の打たれ強さには少し?がつきますが、スタミナでカバーしました。

小國はグスマン戦を評価し、亀海はミゲール・コット戦での期待値です。

 

「アグレッシブ&パワー」ベスト5

f:id:stonemeintothegroove:20170610120248j:plain

1位 井上尚弥(Sフライ級)WBOチャンピオン

2位 比嘉大吾(フライ級)WBCチャンピオン

3位 三浦隆司(Sフェザー級)WBC1位

4位 田口良一(ライトフライ級)WBAチャンピオン

5位 村田諒太(ミドル級)WBO1位

 

この項目も一緒にするのは問題があると思いますが、なんとなく雰囲気で似てるかなと、強引に引っ付けました。

 

さて、以上の能力を勘案して、日本人最強を決めました。

 

現役日本人最強ベスト10

1位 井上尚弥(Sフライ級)WBOチャンピオン

2位 井岡一翔(フライ級)WBAチャンピオン

3位 比嘉大吾(フライ級)WBCチャンピオン

4位 三浦隆司(Sフェザー級)WBC1位

5位 村田諒太(ミドル級)WBO1位

6位 山中慎介(バンタム級)WBCチャンピオン

7位 田中恒成(ライトフライ級)WBOチャンピオン

8位 井上拓真(バンタム級)WBO10位

9位 拳四朗(ライトフライ級)WBCチャンピオン

10位 岩佐亮佑(Sバンタム級)IBF3位

 

 前回、「Number」に対抗して作った日本人ベスト10とそれほど変わっていないと思います。

 

www.boxing-blog.com