わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

左フック一発でイギリスの全勝ホープを粉砕 アフタンディル・クルツィゼVSトミー・ラングフォード

▼最新記事

アフタンディル・クルツィゼ(ジョージア)VSトミー・ラングフォード(イギリス)

WBO世界ミドル級暫定王座決定戦(2017年4月22日)

f:id:stonemeintothegroove:20170606131919j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170606131927j:plain

(出典:WOWOW)

クルツィゼは36戦32勝21KO2敗2分け、37歳。167㎝とミドル級としては非常に背が低いのが特徴です。

2010年にアッサン・エンダムに挑戦し惜敗しています。

ジョージアという国は初めて耳にしましたが、調べてみますと、以前はグルジアと呼ばれ、トルコの東側に位置する小さな国です。

ラングフォードは18戦全勝6KO、27歳。イギリス期待のホープです。

しかし、ミドル級で6KOとは、あまりにも非力な感じがします。

戦前の予想では、クルツィゼが有利だったようですが、実は、私はラングフォードが判定で勝つような気がしていました。

 

クルツィゼの突進を捌ききれない

2人がリング上で対峙しますと、ラングフォードがかなり長身に見えますが、恐らく180㎝ぐらいで、ミドル級としては普通のサイズだと思います。

ミドル級のタイソンの異名をもつ?クルツィゼは当然のごとくプレッシャーをかけて前進し、ラングフォードが左ジャブでこれを捌きます。

しかし、ラングフォードの軽いパンチでは、とてもクルツィゼの突進を止めることが出来ません。

ロープに詰まってクリンチで逃げます。ブレイクでいったん離れますが、またクルツィゼが追いつめます。

あ~この退屈な展開が12ラウンド続くのかな、と早くもうんざりした次第です。

 

4ランドまでこの攻防が続き、時折振るうクルツィゼの左フックがヒットし、ラングフォードとしては苦しい展開を強いられます。

 

唐突に左フック一発で沈む

それでも、3ラウンドぐらいからラングフォードは足を使い、ワンツーをヒットさせて、少しずつ自分の距離をキープする時間が増えてきました。

しかし、油断したのでしょうか、5ラウンド開始早々に、ラングフォードが放った少し軌道のおかしな右の打ち終わりを狙い、クルツィゼが左フックを強振。見事にノーガードになったラングフォードの顎をとらえました。

f:id:stonemeintothegroove:20170606135325j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170606135333j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170606135346j:plain

(ラングフォードの右の打ち終わりにクルツィゼの左フックがヒット)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170606135647j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170606135657j:plain

(打ち下ろしのような右の打ち終わりの、がら空きの顎を左フックがとらえる)

西岡利晃さんは「この右の打ち方がおかしいので、すぐにガードポジションに戻れなかった」と解説。なるほどね。

f:id:stonemeintothegroove:20170606140036j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170606140022j:plain

 

(完璧に顎をとらえて打ち抜いています)

なんとか立ち上がったラングフォードですが、足元がふらつき、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20170606140238j:plain

やはり、6KOしかないラングフォードのパンチは非力でした。これ以上の上積みはないでしょう。

クルツィゼの左フックは、最初から狙っていましたね。

 

暫定王座決定戦は、正規王者のビリー・ジョー・サンダース陣営がゲンナディ・ゴロフキンとの対戦交渉に難航し、とりあえず設けられた一戦のようです。

いわば、サンダースへの挑戦者決定戦のようなものでしょう。

そして、すでに7月8日にサンダースと対戦が決まっています。

村田諒太ならこのクルツィゼとどう戦うでしょうか。エンダムに負けていますから、村田の左ジャブで十分さばけるような気がします。

ただ、タフそうですから、倒すのは難しかもしれません。ボディがねらい目かな。