わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

それほど速報でもないですが、5月の注目の試合結果 エロール・スペンスがケル・ブルックにKO勝ち!

▼最新記事

ケル・ブルック(イギリス)VSエロール・スペンス(アメリカ)

 

IBF世界ウェルター級タイトルマッチ(2017年5月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20170602121732j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170602121743j:plain

(出典:WOWOW)

この試合は、「わしボク」としては、今年の海外ファイトの中でも5本の指に入る、屈指の好カードだと思っています。少なくとも、アンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフの再戦よりはるかに面白そうです。

 

IBF王者のケル・ブルックは2階級上げてゲンナディ・ゴロフキンに挑み、眼底骨折のため、TKOで敗れましたが、それまではかなり好ファイトを見せ、ゴロフキンを苦しめていました。(私は5Rのストップが早いと思いましたが、2Rにもう眼底骨折していたようですね。)

 

www.boxing-blog.com

 

私は、この敗戦は、決してブルックの評価を下げるものでないと思っています。

問題はミドル級にいったん上げて、またウェルター級に戻るということです。

過去の事例では、決して好結果を生んでいません。ロイ・ジョーンズがその典型的な例だと思います。

 

一方のエロール・スペンスは絶好調です。ボクシングの完成度ではブルックが上ですが、倒すまでの組み立て、パンチ力、そして勢いはまさにスーパースター候補と言えます。ウェルター級ではキース・サーマンやダニー・ガルシアより明らかに力は上だと思いますよ。

 

www.boxing-blog.com

 

ブルックは37戦36勝25KO1敗。31歳。右構え。

エロール・スペンスJrは21戦全勝18KO。27歳のサウスポー。

ちなみに「わしボク」のPFP(パウンド・フォー・パウンド)では、ブルックが7位、スペンスは19位です。

リング誌のPFPでは残念ながら、両者ともベスト10に顔を出していません。

 

またもや眼底骨折?でブルックがKO負け

10ラウンドにスペンスの攻撃でブルックがダウンしました。ブルックはどうやらこの回に目を傷めたようです。

11ラウンドも自ら膝を突く形でギブアップ。またも目の負傷によるKO負けでした。

ゴロフキンとの試合では確か右目の眼底骨折だったと思います。2ラウンドに痛め、5Rにセコンドがタオルを投入してTKO負け。

今度は左目だったようですね。それまでは、お互いが力を出し切る好ファイトだったようです。

 

勝ったスペンスはWBC王者のキース・サーマンとの対戦を希望しているようです。

サーマンを倒せば間違いなくスーパースターの仲間入りですね。KO勝ちも十分考えられますよ。

ブルックはこの階級ではきついかもしれません。Sウエルター級で再起することを期待しましょう。ゴロフキンとの再戦も面白いと思います。

 

 

このカードはおそらく6月中にはWOWOWで放送されると思いますので、詳細はその時にご報告します。