わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ワシル・ロマチェンコがまたも「ギブアップ勝ち」ジョー小泉さん曰く「ロマチェンコ勝ち」 VSジェイソン・ソーサ

▼最新記事

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSジェイソン・ソーサ(アメリカ)

WBO世界Sフェザー級タイトルマッチ(2017年4月8日)

f:id:stonemeintothegroove:20170517124246j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170517124252j:plain

(出典:WOWOW)

わしボクのPFP1位、ワシル・ロマチェンコは8戦7勝5KO1敗、29歳のサウスポーです。ニコラス・ウォータースに圧勝し、もはやこの階級には対戦相手がいない状態です。

 

www.boxing-blog.com

 

ジェイソン・ソーサは、ロマチェンコと対戦するために、WBA世界Sフェザー級タイトルを2月に返上しています。

25戦20勝15KO1敗4分け、29歳。

 

www.boxing-blog.com

 しかし、ソーサがロマチェンコに勝てるとはとても思えません。WBAのチャンピオンのまま、防衛戦をしていた方がいいと思いますけど、ひょっとしたらファイトマネーにつられたのかもしれませんね。

 

 

見てるだけで手が出ないソーサ

ロマチェンコはほとんど無駄な力がどこにも入っていないような、リラックスした状態ですね。

ロマチェンコの場合は、パンチにそれほどのスピードがあるわけではなく、リング上を滑るように動き、異次元のようなフットワークの速さで相手を圧倒します。

この動きに翻弄され、ソーサはロマチェンコの動きを目で追うのが精いっぱい。全く手が出ません。

その間にも、ロマチェンコのパンチが予想もしない角度から飛んできます。

f:id:stonemeintothegroove:20170517150152j:plain

2ラウンド終盤には早くもソーサが、ロマチェンコの連打でロープにくぎ付けになります。

 

ソーサのパンチは空を切るだけ

ロマチェンコはラウンドが進むにつれてギアを上げてきます。

右ジャブはあらゆる角度から飛んできますし、左ストレートも狙い打ち状態です。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170517130552j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170517130543j:plain

(狙いすました左ストレートがソーサの顎をとらえる)

一方のソーサも必死で応戦しますが、ことごとくそのパンチは空を切り、ロマチェンコの体にさえ当たりません。

f:id:stonemeintothegroove:20170517145944j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170517145953j:plain

ソーサのパンチはロマチェンコの体にも当たりません)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170517145818j:plain

(ソーサのパンチが当たる前にロマチェンコのパンチがヒット)

5ラウンドぐらいから、ロマチェンコが好き放題にパンチをヒットし、余裕たっぷりのロマチェンコはマタドール(闘牛士)の恰好をし、ソーサを挑発します。

f:id:stonemeintothegroove:20170517150442j:plain

(闘牛士のジェスチャーでソーサを挑発)

 

後半は少し強めにパンチを放つ

返上したとはいえ、ソーサもWBAの世界チャンピオンです。しかし、これほど力の差を見せ付けられると、いつ気持ちが切れてもおかしくありませんね。

中盤からのボディブローもかなり効いていますし、スタミナも明らかになくなってきています。

f:id:stonemeintothegroove:20170517151507j:plain

(このボディブローでソーサのスタミナを削ります)

マイペースで、まるでスパーリングでもやっている感じのロマチェンコは、ほとんど息が乱れていません。

後半からは、軽いパンチでソーサの動きをコントロールし、かなり力を込めた左ストレートを打ち込むようになってきました。

いよいよ倒しに来た感じです。8ラウンドはストップ寸前まで攻め込みました。

8ラウンド終了時点で、セコンドから「最後1ラウンド勝負しろ。」と言って送り出されたソーサですが、気負いは空回りするかりで、結局ロマチェンコの返り討ちに合い、9ラウンドを終了。

コーナーに帰ったソーサがロープにもたれかかり、予想通りギブアップを申し出て、9ラウンド終了、ロマチェンコのTKO勝ちです。

f:id:stonemeintothegroove:20170517152410j:plain

(精根尽き果てたソーサがギブアップ)

これで2試合連続ギブアップ勝ちのロマチェンコ。ジョー小泉さんが「ロマチェンコ勝ち」と命名しました。

出来ればはっきりと倒してほしかったですが、こんな残酷な勝ち方もありかな、と思ってしまいます。仮にも相手は前世界チャンピオンですからね。

さて、次はだれとやるのでしょう。唯一の1敗を喫しているオルランド・サリドは対戦を拒否しているようです。

とりあえず、ライト級へ上がる前にジャーボンテイ・デービスと対戦してほしいですね。

 

www.boxing-blog.com